銀世界に行ってきます
東京は,昨日とうって変わって晴天です.
年末,東京に雪が降るなんて,あまりなかったことじゃないかな.

10月末から「花嫁の裏方」を始めて,
もっと早くやっていればよかったと思う今日この頃.
2ヶ月あっという間に過ぎて,皆さんとも知り合えたし,ここにいられてシアワセです.

これから羽田に向かいます.
お正月,札幌の銀世界を堪能して来たいと思います.
美味しいもの,たくさん食べたいです!
皆様も良いお年をお迎えください.来年もよろしくお願い致します.


札幌からちょっとだけ,書きたいと思います.
# by artigana-g | 2004-12-30 10:23 | 日々 | Comments(8)
artigana-gの道具・4
artigana-gの道具・4_b0055196_1071259.jpg

刺繍図案のバランスを見るとき,ネックレスのボリュームを確認するときに使うボディ.
量産用のボディは ゆるみ分(運動量)が最初から足されているサイズになっているのですが,
このボディはヌード寸,で私のサイズ.あは.右の胸のトップ,ちょっと凹んでしまったかも.
# by artigana-g | 2004-12-29 10:13 | 道具 | Comments(5)
「結婚難 男女の本音」
この見出しに惹かれて AERA 買ってみました.初めてですけど.

結婚難 男女の本音

 (全国の20代,30代の独身男女各300人ずつ,計1200人にアンケート)

 * 男女とも約8割が,結婚は「すぐにしたい」「いずれしたい」
 * 結婚相手の理想像 ♂1~3歳年下で優しく気配りできる女性=従来型
                ♀1~3歳年上の優しく頼りがいのある男性=従来型
 * 希望の職業 第1位 男女とも「公務員」
 * 重視する条件 (性格を除けば) 第1位 金銭感覚
 * 絶対に結婚したくないタイプ 第1位 金遣いが荒い人

 * 感情より遠い未来の理想像を頭で描くから行動に移れない.
 * 親がいつまでも子供を養うパラサイトシングルは増え,ますます結婚は遠くなる.

 結論・・・結婚難時代が変調する兆しは,調査からは全く感じられなかった.


このほかにも,
「負け犬の結婚 勝ち犬の離婚」「結婚したい?したくない?ぶっちゃけトーク」
「高スペック独身男 結婚しないわけ」

とかあるんですけど,なんだかぁ,とっても計算高くて,身動きが取れない様子.
私自身はこんな風に考えたくないな~と思う,現実的な世界でした.

職業的には,一人でも多く結婚していただきたいです!
# by artigana-g | 2004-12-28 17:54 | MODE | Comments(4)
暮れてきました
朝から銀行に行き,浅草橋に材料を買いに行き,
仕事場にもどってスワロフスキーのチョーカーを作り,
午後にはこの間頼んでおいたBOOK・OFFさんが本を取りにきて玄関先で本の査定,
結果は57冊出して2060円でした.(私の予想よりも高かったから満足です)
そのあと,約束していたT君に会うために外出.

T君は私より少し年下ですが,長いお付き合いのお友達です.
今年,妹さんが体の不調を訴えて病院にいったところ,ガンが見つかって
秋には亡くなられてしまいました.お若いのにとても残念です.
T君は元気そうでしたが,いろいろな体験をしたのだと思います.

死期を知らされたら,残された日々に私は何をするだろう・・・・・?

最近,毎日がとても大切に思えるのです.死期を知っているわけではないのですが.
そこまで重いものではなく,「今しかない」と思うのです.
いろいろな事は変わっていってしまうから.
過去や未来ではなく,今現在が一番大切だと思う.
それが毎日つながっていったら,いずれ死ぬときが来るのでしょう.
来年も一生懸命生きていきましょう.

もうすこしで2004年も終わりです.

津波のニュース!やはり人生はいつ終わるかわからない.
災害に遭われた皆様,お見舞い申し上げます.タイヘンな被害です!
# by artigana-g | 2004-12-27 20:55 | 日々 | Comments(4)
一日,縫製工場
朝一で,(再び)今年最後と思われる商品のオーダーいただいたのですが,
材料も揃っていない事だし,それは明日にして
スケジュールどおりプライベートなお仕事の一日.

母から「エプロンにしたい生地があるんだけど.」と言われ
「縫ってあげる!」と言ったのは私でしたが,母から届いた生地はかなり量がありました.
プライベートなお仕事は一気に片付けてしまったほうがいいので
エプロン・6枚を作ることにしました.

縫製を手早く進めるためには
 □ ミシン工程とアイロン工程をできるだけまとめて作業すること.
 □ ミシンの糸は,できるだけ切らずに続けて縫うこと.
 □ 中間アイロンをなるべく少なくすること.
 □ 凡ミスをしないこと.

というのを専門学校の「生産管理」の授業で習いましたし,
4年間も学校にいった人が縫えなかったら困るでしょ.と自分にいいきかせて
今日は一歩も外に出ず,朝10時から集中しました. . . . .
午後8時,完成!
な~んだ,もっと縫えたかも.
あと1日同じ事をしたら,12枚できるけど.

エプロンばっかりあってもネェ.ママ.     
なんて親孝行な娘.
# by artigana-g | 2004-12-26 20:40 | 職人 | Comments(0)