<< artigana-gのSAPP... monochrome >>
start
start_b0055196_09120533.jpg

年が明けると雪がたくさん降ってきました.札幌が白くなって大変きれいです.寒いけど.さっぽろ雪まつりの制作も始まりました.そしてお仕事がいろいろとやってきました.ありがたいことです.







start_b0055196_09121230.jpg

by artigana-g | 2024-01-14 09:19 | 日々 | Comments(3)
Commented by tad at 2024-01-14 11:28 x
*そしてお仕事がいろいろとやってきました.

まさに年明けですね:)良いスタートがきれてなによりです

昨日は、釣りでひだかまで行ってきました。妻は温泉♨️
あちらは雪がほとんどない。
晴れていましたが、その分寒かったぁ〜
今回は、私も釣りの後にお湯に浸かりました

そうそう、肝心のコメント、忘れるところだった...
雪の中のバーバーショップのこのサイン
私も気になって撮ったことがあります
まぁ、あとは、雪に埋もれた公園とか
雪に埋もれた電話ボックス、、、これは、誰かも写真集にしてました
道内の雪に埋もれた電話ボックスばかり撮って

むかし、ニューヨークに住んでいたころ、
レストランというレストランには、ほぼ猫が飼われていて、
あちらは、レストランにマウスが出るからだと思うんですが
ダイナーの窓際に猫が寝そべったり、道行く人を眺めていたり
そういうのを写真に撮ろう!って、いつのまにかとん挫?してしまった
まぁ、当時は、今のようなデジタルではなく、フィルムの時代でしたから
私のような人間にはめんどうに思えたのかも
今にしてみれば、もし、ニューヨーク中のレストランの「窓際の猫ちゃん」
があったら、それだけでも見返す価値がありそう...でも、私には、
どこか残す、ということに違和感というか、違うな、というのがあって
人とともに消えていくという感覚があります。
何か作品として発表できる人が、ある意味羨ましい、
あの人々は、誰に、何のために?と思ってしまう。
画集や写真集、レコードといったものも、見返すことはあっても
やがて手放す。今でも行き場のない数冊の画集などが本棚に並んでいるけど
埃を被ったままで、気の毒に思えます。読みかけや読まれてすらいない
多くに本だったり、人間の歴史には、何らかの意味があったかもしれないが
私個人には、何の意味もなく、ただ私の一生とともに記憶から消えていく
そんな風にしか思えない。それでも何人か何十人何百人の人には影響を与えて
別の何かを生み出しているのだろうけど、私には響かなかったのか、、、
虚しいですね、新年早々、、、
あ、今年は、まったく新年っぽいことをしなかった
年越しもひとりで、年明けも妻は朝から仕事でしたから、
いつものように送りだした
まぁ、ね*

またしても人のブログに長文を...すまん
Commented at 2024-01-14 13:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by artigana-g at 2024-01-15 09:11
tadさん
長文のコメントありがとうございます.
tadさんも何か作りたい人ですよね.
動画拝見しました.こんなオープニングの映画がありそうだなと思いました.
雰囲気がとても良かったです☆
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gのSAPP... monochrome >>