芥川賞読みました
昨日は材料を買いに出かけたら,あまりの人ごみに疲れてしまいました.
帰ってきてから不調になり,夜はお仕事をやめてしまって
芥川賞の『グランド・フィナーレ』を読みました.
あれっ?もう終わり?って感じで終わる小説.私にはウケなかった.
★ あらすじと私の感想
主人公はロリコンの趣味が奥様にばれて離婚させられちゃって田舎に帰るのです
そこで心中しそうな小学生の女の子ふたりが最後の記念にお芝居をやりたいというのを
手伝う...という内容なんですが
ロリコンのどろどろした恐さとか,心中しようとする女の子たちの悲惨さとかが
どんどん出てくるのかと思いきや,そういうのは全くなく
装飾された文章を一生懸命読んでいく読者を裏切るようなあっけなさで終わってしまうのです.
タイトルの「グランド・フィナーレ」が大げさすぎ!美しすぎ!だと思いました.

前も「文芸春秋」を買って,『蹴りたい背中』と『蛇にピアス』を読んだんですけど
「文芸春秋」っていう雑誌の読者層がどんな人達なのか,未だによくわらからない.
おじさんくさい.でも雑誌だから捨てられるところがいいんです.

芥川賞の小説よりも,「芥川賞選評」のほうがいつもおもしろい!んですよ.
高樹のぶ子さんや,池澤夏樹さんや,石原慎太郎さんや,村上龍さんや,山田詠美さんとか
選んだ人達の総評なのですが,今回も賛否両論.
『グランド・フィナーレ』を満場一致で選んだわけではない,というのが書いてあります.
石原さんなんか,いつも辛辣.「全く評価できなかった」
村上龍さんも「あまりよくないけど,小説にしかできないことに挑戦したから」

小説家になれるのって,持って生まれたセンスとか才能なんでしょうね.
こんなブログの文章だって,難しいな~って,しょっちゅう思ってますし.
# by artigana-g | 2005-02-13 16:44 | 日々 | Comments(4)
artigana-gの仕事・3
b0055196_2092956.jpg

                  リングピロー『ハートのミルフィーユ』  
                  シルクオーガンジー&シルクの花びら
# by artigana-g | 2005-02-12 20:15 | 仕事 | Comments(16)
建国記念日に見たもの
苦難の新商品を持って,朝から南青山のお店に伺いました.
気に入っていただけるかどうか,なんとなく足取りも重く,表参道を歩いて,,,.

今日は建国記念日.表参道で「君が代」が聞こえてきました.何?何?
表参道と青山通りの交差点付近には,たくさんのおみこしが待機しています.
それにいろんな柄のはっぴを着た人達がゾクゾクと集まってきています,,,.
右翼の車らしきものとか,おまわりさん,白バイ,なんだかいつもと雰囲気が違う.

そんな風景に目を奪われながらも,とりあえず納品です.
「今までにない感じで,いいねー!とっても!どんなのが上がってくるか心配してたんだよ.」
気に入ってくださいましたぁ.やったー!よかったー!
お店を出ると,どどっと気が抜けて,足取り軽くなりすぎました.

青山通りに出たとたん,小学生の鼓笛隊?みたいなパレードに遭遇し
大学のブラスバンド部みたいな人達も演奏しながら神宮に向かってました.
建国記念日にこんなイベントがあるんですねー.
おみこしの行方を見届けたかった.

浅草のお祭りとかちゃんと見たことがないので,はっぴ姿の人達を観察.
男の人はスネを出してとっても寒そう.
女の人の中には「コート」を着ている人達がいて,
ほんとにお祭り用にできている綿のコートだった.衿は別珍?.衿だけ黒無地.
それにしても背中の紋や色がいろいろ,染めが少し褪せているのも
「いなせな江戸っ子」に見える.
男の人達はヤーさんみたいな短髪だし,女の人はみんな茶髪でアップにしている.
お祭り用の衣裳を着ていなければ「いなせ」な人には見えないのかもしれないと思うと,
このはっぴやそのほかの(名称がわからない)服装,すごいものですネ!

そんな人達を見ながら原宿駅に戻り,その足で新宿へ,
シルクオーガンジーと綿のオックスフォードを買って,
その後いつものビックカメラにふらふらと入っていったのでした.
# by artigana-g | 2005-02-11 14:17 | 職人 | Comments(4)
ロット違いで,とほほ
7ミリのパールをこの間浅草橋で買っておいたのに
今日いざ使おうとして,以前の7ミリパールとははっきりと色が違うことに気が付いたんです.
以前のほうはピンク系のアイボリー.今回のはイエローに寄ったアイボリー.
これじゃ一緒に使えません.あぁあ.また浅草橋に行かないと...
で行ってきたんですけどね.

大量に染めたりする場合,それを追加継続して作っていく場合
その時,その時で,色が微妙に変わってしまうことがあるんですよね.
これはパールだけでなく,刺繍糸や縫い糸も,お店のシルクサテンもそう.
色番が同じだからと買ってみても,違うんですよねー.特にアイボリー系はブレます.
ほんのわずかに違うだけなら,シカトして使うときもありますが
誰もがわかるような色の違いだと,商品にしたときにとってもみっともない.

パール作っているメーカーさんも少しは気にして欲しい.違いすぎるんです!
それで1点,ほぼやり直しになってしまいました.とほほ.


浅草橋に行く電車で読み始めた
「ブリジット・ジョーンズの日記 上」(ヴィレッジブックス)
(札幌で買ったまま読んでいなかった)が,読んでみるとあまり好みではなかったので
・・・イギリスのコメディタッチについていけないというか・・・
浅草橋でなんとなく「文芸春秋」買ってしまいました.
芥川賞の「グランド・フィナーレ」に期待.
# by artigana-g | 2005-02-10 17:49 | 職人 | Comments(6)
ショートなので月一
明日の朝一の予定で美容院の予約を入れたのに,7時半頃美容院から電話が来ました.
私の担当のUさん.
「受付の女の子が間違っちゃって.明日朝から一日,店長会議なんっスよ.
だから明日ダメなんです.今からでもいいっスよ.もし良ければ.」
と突然言われて,慌てて出かけたのでした.といっても,うちから3分.

いつもは夜に美容院に行くことなどなく,だいたい朝の10時の予約です.
夜に行くのはOLさんとかは普通のことでしょうけど,私は初めてだったかもしれない.
カットとカラーだったので,結局最後の客になってしまった.
他の美容師さんたちが帰りたそうにしているし,Uさんもいつもより仕事が速い.
でも,今日はかなりに詰まっていたので,少々雑にされも全く気にならなかった.
やっとさっぱりー!きれいになりました.

ショートにしているので最低でも月に1度はいかないとダメなので
あのお店のお客の中ではVIPの方だと思うんですけど.
Uさんともいろいろ喋った.
Uさん,お若いのにもう子供が二人もいるおとうさん.
「あの,『マネーの虎』に出てた人が書いた本,読みました~?
僕もどん底の生活になってみたいな~.ひょっとして今がどん底かも.ははは」
とか言っている.まだまだ遊び足りなそう.
Uさん,PC使えるようになってください.Uさんも登場しているのに.

美容院に行ったお陰で,帰ってきてからイヤリングすぐできました.
今日は確定申告終了.さっぱりした一日でした.
# by artigana-g | 2005-02-09 23:23 | 日々 | Comments(11)
artigana-gの私物・4
b0055196_18443864.jpg



鏡のそばに飾っている,鍵のネックレス.この鍵は昔,小樽の倉庫の錠前用だったらしいです.
父がススキノのお店でもらった?ものを私にくれたのでした.さびさびだったのをゴールドメッキしてもらいました.会社のとき,ディスプレイ用に作ったので,ふつうには身につけられるようなものではありません.かなり重いです.鍵の大きさは約15センチメートル.シンプルでよい形.
# by artigana-g | 2005-02-09 18:53 | 私物 | Comments(2)
鏡のある仕事場
昨日届いたドレスの納期が気になったので,今日は朝からずっとビーズ刺繍のお仕事.
やっぱり「ペンチとワイヤー」というよりも「針と糸」のほうがしっくりきます.

昨日までペンチを使っていたせいか,今日は右腕と肩甲骨の横が痛い.
職人ぽくて,かっこいい!と思っていたのは午前中までで,さすがに辛くなってきました.

なんとか佐川さんの集荷に間に合わせようと必死だった.でも
今日はもうムリ.明日だ.諦めました.

私の仕事場の裁断台は一辺(長いほう)を壁にくっつけていて,
裁断台の上に大きめの鏡(タテ600ミリ×ヨコ800ミリ)を立てかけてあるのです.
それはナルシストのため,というのではなく
ヘッドドレスとか,イヤリングとか,ネックレスを自分でしてみて,確認するため.
あとは,少しでも部屋が広く見えるかナ?と思って.
今日のような刺繍をしている場合は,顔を上げて鏡を見ることはめったにないんですけど
さっき,鏡に映った自分を見て,ギョ.
へこんだまぶたと充血した両目.美容院に行けなくてまとまらないヘアスタイル.
ひどいです.

いくら職人とはいえ,ちゃんと鏡を覗いて
自分をきれいにしてなきゃ仕事がこない気がする.
# by artigana-g | 2005-02-08 18:51 | 職人 | Comments(0)