<   2008年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧
仕事場
b0055196_15385713.jpg


取材を受けて(エキサイトさんの「アトリエ訪問」というコーナーの.←upはまだもう少し先です.
あとでお知らせしたいと思います),仕事場の写真が必要と言われたので,
月末で混乱して,かなり汚かった仕事場を片付けて(いろいろ横にどけて)写真を撮りました.
これは没にして送らなかった1枚.いつもこのくらいすっきりしているといいですね☆

急に寒くなりました.毎日どんより.
湿気もあるので私の頭はウランちゃんのようになっていて非常に困ります.
手がかさつく季節が到来.明日から10月ですか★
by artigana-g | 2008-09-30 16:02 | 職人 | Comments(10)
artigana-gの仕事・294
b0055196_15253623.jpg

ティアラ(これの正面)


ドレスはめでたく運ばれていきました.港区へ.ちょっと辛かったのかなぁ.
激しくキブン転換が必要だったので,いろいろな業界の(私のよく知らない世界の)
男の人たちのブログを読んでいました.ああでもそんなに暇はないのに
男だからなのか,生まれや育ちが違うからなのか,知性や教養が比べ物にならないから
なのか,歳だからなのか,同じ日本語でありながら“文章”が違いすぎる.
しびれながら笑いました.女の人だとこんなに違いを感じられない.
男って・・・.
みなさま日曜日のひととき,いかがお過ごしでしょうか.

美容院の予約とか映画館を調べたり,月末が終わってからの「自由」に必要な雑用は
てきぱき済ませた.これからワイヤー仕事.ペンチが重く感じる午後.
by artigana-g | 2008-09-28 16:08 | 仕事 | Comments(6)
MAURIZIO PECORARO
b0055196_23445065.jpg
VOGUE.comより

マウリツィオ・ペコラーロのウェディングドレス.新しいですね.この方向が(従来の,誰が見ても
ウェディングドレスだというドレスドレスしたものとは別に)これからきっと増えていくのでは
ないか.と私は思います.


刺繍をきれいに刺すには,いらいらしてはいけない.さっきいらいらしちゃってキケンでした.
明日,またね.
by artigana-g | 2008-09-27 23:59 | MODE | Comments(2)
困惑
今日再び“ハンガーボックス”が2着のドレスを運んできました.先週と全く同じだ.
ドレスを取り出すと,え!と声を出してしまうレベルの縫製の不備を見つけた.これから私が
やろうとするスモッキング刺繍に関わってくることなので,困惑したあと,お店に電話を入れ
説明すると,お店から縫製の人に連絡してくださったようで,少し経って縫製の人から
私のところに電話がきた.私と直接話さないと落ち着かなかったのでしょう.謝っていた.私は
「花嫁が当日ゲスト全員の注目を浴びる主役であることを想像したりしなかったのですか?
これじゃ花嫁がかわいそうじゃないですか★」
と言いたかったけど言いませんでしたけど.

最初は「これやりたくないな~.でもお金のためだ」と思いつつやり始めたとしても
途中で自分の技術に惚れ惚れしだして,出来上がったときには美しいドレスを見て
悦に入る.というのなら問題はないが,
「これほんとはやりたくない,でもお金のためだ」という気持ちが最初から最後まで
変化しないと,このようなことが起きやすくなるのではないかと思う.
私も経験があるのでわかります.でも.
本当にやりたくない仕事であれば,潔くお金は捨てて,お断わりしたほうが良いと思う.
迷惑をかけてしまいます.
ひょっとして世間には「ほんとはやりたくないけどお金のため」に生み出された
力のない,輝かないモノがうようよしているのかもしれない.

というようなマイナーな想いにとらわれるのは,よそう.
by artigana-g | 2008-09-27 00:14 | 職人 | Comments(8)
ヴェール終了
b0055196_23223032.jpg

裾の部分.正方形のオーガンジーがめくれたようになるので正方形には見えず,細胞の
ようにも見えるので意外といいですネ☆お客様から事前にスワロフスキーをたくさん送って
いただいていたので,遠慮なくたくさん使わせていただきました.
お客様からのリクエストで,ピンクのハートもちょっとだけ入っています.どこにあるかわかりますか?

私がオーガンジーを留めているとき,なんだか黒いものがチュールの中にもぐりこもうとして
いたのでじっと見ると,いつものクモ.ああああだめだめだめだめ(と実際に言いながら)
そのへんにあった(PCのお掃除に使う)箒を取り,掃いましたらどこかへ飛んでいきました.

明日からは先週と同じような状況になる=2着分のドレスの刺繍のお仕事.という
緊張感のお陰で,このあと別注のボンネも出来上がりました.
送られてきた写真の見たままを作ればよいのでスムーズでした.  気合だ!ですね.
by artigana-g | 2008-09-25 23:55 | 職人 | Comments(16)
本日の現場
b0055196_23393434.jpg

毎日代わり映えもなく地味な写真でごめんなさい.・・・奥のチョコレートですか?単なる彩り
ですが.このチョコレートの,「東京の?夜のメルヘン」みたいなCMが気に入っていたので
買ってしまった.懐かしい味がした.  ♪ちょっこれーと,ちょっこれーと,ちょこれいと,は,・・・
包み紙のデザインもメロディも私の小さい頃から変わっていない,,のがすごいですね.

チュールにオーガンジーのカットしたものをスワロフスキーで留めています.
思った以上にかわいいかも.明日には完成させたい.
ヴェール本体はいつもなら,お店が作ってくださるのですが,今回はわたくしが作りました.
チュールを正確にカットするのは慣れなくて疲れました.距離のある裁断は苦手だ.
短い間ではありますが,ヴェールがあると仕事場が華やか.
by artigana-g | 2008-09-25 00:07 | 職人 | Comments(6)
絵を描きましょう
b0055196_23483138.jpg


オリジナルのヴェールをオーダーされたお客様がスケッチを描いて送ってくださいました.
わかりやすい.かわいい絵ですね.今回のはロングヴェールです(3m).

もうひとり,オリジナルのボンネをオーダーされたお客様がいらっしゃって,
ヘアメイクの打ち合わせのときに,たまたまそこにあったボンネがとてもよかったということで,
お店のマダムがお電話で伺ったとおりをスケッチに描いて,私に送ってくださったのですが,
その後遅れてお客様から実物の写真が届いたそうで,,マダムのスケッチとはかなり違う
ものだったそうで.

ご希望のものと似たようなデザインのものの写真があれば,オリジナルでも
うまくいくことが多いですが,口頭でやりとりすると,イメージはずれていくので難しいですね.
その場合,絵を描いた方が伝わります.「絵は下手だから恥ずかしい」と描かない人が
いらっしゃいますが,ヘタと思い込んでいるのはご本人だけであって,
何も恥ずかしがることはありません.ご希望がある場合は,あらゆる手段を使いましょう.
by artigana-g | 2008-09-24 00:11 | 職人 | Comments(2)
ハートはぼろぼろになって・・・
b0055196_2331812.jpg


たくさん売れた商品の型紙は,,,こんなふうになってしまいます.久しぶりにオーダーを
いただきました.悲惨な型紙を新しく作り直しました.できあがるとこれになります.
あまりに久しぶりだったので早速作り方を間違えてしまいました.がっくり
by artigana-g | 2008-09-22 23:11 | 職人 | Comments(6)
刺繍の毎日
b0055196_23415862.jpg
ハンガーボックスの中


佐川さんの「ハンガーボックス」は,高さが99cmある丈夫な箱です.上部に黒いバーが
渡っていて,ハンガーをいくつも掛けられます.運送中にドレスが落ちないように
ハンガーが黒いバーにひもでぐるぐるにくくりつけられて届きます.
このハンガーボックス(きっとよいお値段だと思うので)何回も行ったり来たりしています.
かなり大きいので送料,高いです.今回は2着のドレスが入っていました.
刺繍のお仕事,同じことを2着分いっぺんにやるのはなかなか辛いです.あと少しだ.
出来上がったドレスをまた中に戻すときは,この箱よりもドレスの丈が長いので
裾を折らなくてはいけないです.
箱を斜めにして,頭をすっぽり入れて,手を伸ばして,裾を整えるのですが,それが自分でも
おかしい.頭すっぽりですから.お店ではどんなふうにやっていらっしゃるのだろう.

今朝は地震で目が覚めました.今日もまた雨が降りました.
本屋さんに行きたかったけど,Amazonを眺めるだけにしました.そろそろ遊びたい.


・・・・・・・・・そうだ・・・・・・・・箱の側面のテープをはがすと,面の半分が開く仕組みなっていた☆
のを忘れていました.ははは
by artigana-g | 2008-09-22 00:02 | 職人 | Comments(6)
artigana-gのTOKYO・150
b0055196_201657.jpg

安藤ストリート_仙川

北海道土産を渡そうと,Cちゃんと京王線仙川駅で待ち合わせ.(彼女は京王線の人なので)
仙川(せんがわ)は私が学生時代からその後しばらく住んでいた街で,
最近はかなりイメージが変わったというのは噂に聞いていました.それで一度,
その新しくなったという仙川を見てみたい気持ちがあったのですが,きっかけがないと
なかなかひとりでは行く気にはなれなくて...

仙川駅を降りると,何がなんだか,どこがどこだかわからない.夢を見ているようでした.
商業施設がたくさんできていて,名高い安藤忠雄建築が並ぶストリートも,できていました.
日本の街って,どんどん変わってしまいますね!
私が当時住んでいたアパートを見に行くと,全く新しいアパートに建て替えられていて,,
セイシュンの思い出がその場で消去された感じがしました.(それでいいと思いました)
よくしていただいた大家さんはお元気だろうか?と,こちらも建て替えられた立派なお家を
見上げてみましたが,ピンポンはムリでした.私のことはもうお忘れになっていると思います.
刺繍のお仕事が待っているので,Cちゃんとちょろっとお茶してから帰りました.
by artigana-g | 2008-09-19 20:59 | TOKYO | Comments(4)