<   2008年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧
CINEMA 『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』
b0055196_22333273.jpg
(右側の人がアニー・リーボヴィッツ)

アニー・リーボヴィッツは,米国を代表するポートレート写真家.これまでの人生を,妹である
バーバラ・リーボヴィッツ監督がドキュメンタリーとしてまとめたもの.
ミック・ジャガー,ヒラリー・クリントン,アーノルド・シュワルツネッガー,オノ・ヨーコ,VOGUEの
編集長などなどがアニーの写真の素晴らしさ,ベストを尽くす仕事振りを語る.
若き頃のアーノルド・シュワルツネッガーや,妊娠中のデミ・ムーアのヌード,“マリー・アントワネット”でのキルスティン・ダンスト,NYの大富豪トランプ夫妻などを撮影している場面.サラエボに行き,悲惨な写真を撮ったこと.最愛のパートナー(女性)との出会い,死別.養子をもらったのか,小さい子どもたちと一緒に遊ぶ映像もある.超有名な写真家の生のお仕事の様子が
とても刺激的です.VOGUEで見たことのある写真がたくさん出てくる.へええこれも?これも?
と思いつつ観ていました.ひとりで興奮していました.写真集を買いたいと思いました.

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
by artigana-g | 2008-02-29 23:07 | MODE | Comments(4)
artigana-gのTOKYO・130
b0055196_22142070.jpg

通勤用バイク_青山通りのそばの路地

2月が終わりました.月末納品に南青山のお店に伺う.少し暖かく良いお天気だった.今日の
予定を特に決めていなかったのですが,今日は自由だ☆と思いたかった.
原宿駅まで来たところでなんとなく渋谷の映画館に行ってみようと思い立った.お目当ての映画があるのだった.上映時間はわからなかったけど..
公園通りの映画館にたどり着いた.本日1回目は11時から.既に11時10分だった.窓口の
おねえさんが「まだ大丈夫ですよ」と言ってくれた.ラッキー☆エレベーターに乗り4Fへ.
またまたマイナーなのだった,映画館の中はがらがらでした.
by artigana-g | 2008-02-29 22:31 | TOKYO | Comments(4)
artigana-gの仕事・260
b0055196_23364893.jpg

昔のお仕事.昔のは昔のだからあまり出したくないと思っているのですが,これは珍しいので.
ネクタイの柄を描いたのでした.私の友人にネクタイ会社の跡取り息子さんがいたのですが,
彼が晴れて社長になった時に少しお手伝いしたのでした.  今見ると冷や汗ものですね.
さむけがしますね!描いていたときは楽しかったですし,ネクタイになったらとても嬉しかった
のですが.売れたんでしょうか・・・? 今となってはワカリマセン.

昨日から作っていたネクタイは完成いたしました.
わかりました!きれいに作るコツは☆・・・芯を正確にカットすることです.そして丁寧に
生地を(芯に合わせながら)折ることです.

※ artigana-gは友人K君を応援しています.
  ベルトメウ・オーガニックのバナーをつけました.クリックするとHP.
  ジャムやオリーヴオイル,オーガニックワインなどご購入ご希望の方はいつでもどうぞ☆

完成
by artigana-g | 2008-02-28 23:54 | 仕事 | Comments(14)
解体
b0055196_2119793.jpg

仕事場の隅に置いたまま忘れそうになっていたネクタイ,,の製作.ばらしても良いと指示の
あったネクタイをほどいてみる.なるほどなるほどネクタイの構造って,こうなっていたのかぁ.
これをもとにしてパターンを作る.バイアスのはぎ目が2箇所ある.中に芯が入っています.
ネクタイ用の芯は,ユザワヤさんにあるというのを聞いていたので,でかけてみると売ってました.
“ネクタイ芯地【二本入り】  【説明書が付いてますので簡単に作れます】”
と印刷されている紙と一緒に,ネクタイの形にカットされた芯地(毛芯?)が入っています.
なあんだネクタイってそれ程むづかしいものではなかったのですね.
と今は言っているが明日は困っているかも.簡単そうに思えるものほど簡単ではなかったりするんですよー,しばしば

今日はもう寝ます.グロッキー

親切な説明書付きで売っている芯地
by artigana-g | 2008-02-27 21:42 | 職人 | Comments(4)
ごほうび到着
b0055196_23163015.jpg
Macを超えるデザインはできないものでしょうか

本日新しいPCが届きました.箱から出して,そわそわ.月末まではいじれないので見ただけ.
わ~☆という感動も特になく,データのお引越しやら,ソフトのインストールやら,カスタマイズ
にまた時間をとられるのがおっくうではあります.文字がはげていないキーボードがきれいだ!
でも急に今使っている(キーボードの文字がはげている)これが愛しくなり,まだ使ってあげたい
気持ちになった.何年後かには今日届いたPCにも同じ気持ちを持つのだろうか.
とりあえずフタのどこかにラインストーンを貼ろうと思いました.

そろそろ遊びに行きたい.映画観に行きたい.月末まであと少し.
by artigana-g | 2008-02-26 23:41 | 職人 | Comments(6)
良いお仕事は職人が落ち着く場所で
b0055196_23291695.jpg
取り外せるレースのお袖

相変わらず人気のある「スモッキング刺繍のあるドレス」の,スモッキング刺繍をしています.
このドレスの場合,縫製がすべて終わってから刺繍をするのですが,最初の頃はムッシューが
「ドレスを移動させたくないからこちらに来て刺繍をしてほしい」とおっしゃっていたので,
お裁縫セットを持参してお店に出向き,お店の中で刺繍をしていました.
でもそこは純粋なアトリエではない,作業しにくい場所でしたし,椅子の高さも自分には合わなかったし,開店から閉店までの間に上げなくてはいけないのに出来上がらないし★なかなか辛い
職場でした.閉店時刻を過ぎると,ムッシューが「できた?」・・・「まだ?」と声をかける.早く帰りたがっているのがわかるので,“やっつけ仕事”みたいに終わらせなくてはいけませんでした.
それが何度か続いたので,ムッシューは私の仕事場にドレスを送ってくださるようになりました.そう,それで何の問題もないのです.(運賃はかかります)
私はめでたく自分の仕事場で快適に刺繍をすることができるようになりました.
by artigana-g | 2008-02-25 23:48 | 職人 | Comments(2)
artigana-gの仕事・259
b0055196_0121511.jpg

バラのヘッドドレス(直径約20cm)

静かに興奮しながらモノを作っていた時期がありました.静かな興奮状態(という単純な表現ではいけないかもしれませんが)に入ると,自分のアンテナにいろいろなものがどんどんやってきて
みるみるうちにモノが出来上がっていくのです.おそろしいくらいです.エクスタシーです.
確かに体験したのです.
その,あっちに行っちゃってるような感覚にどうやってたどり着けるのか,わからなくなってしまい
今それが残念です.でもどうにかしてあっちに行こうと思います.
by artigana-g | 2008-02-25 00:31 | 仕事 | Comments(4)
『ナガオカケンメイのやりかた』
b0055196_8292437.jpg

1週間前の新聞の書評欄に載っていて,興味深く読みました.(ナガオカケンメイ著・平凡社)
デザイナーのナガオカケンメイ氏が8年前にオープンした空間「D&DEPARTMENT PROJECT」・・デザインとリサイクルを融合した新事業
の,試行錯誤を綴った8年間のブログの集成.
棄てられたモノたちの中からデザインの視点で生活品として復活させることができるかもしれないモノを選び,デザインリサイクルストアを作る.熱い想いと,経営者の喜びや悩み,世間に対する意見が綴られ,ブログのお手本みたいな文章です. 熱い人,とても魅力的ですネ
日本のデザインを真剣に考える志が,じわじわと私たちを動かしていくのかも.

実はお正月,実家のそばの,小さい頃からお世話になっている文房具屋さんの前を通ったとき,
お隣に見慣れないお洒落な雑貨屋さんができていたのでした.でもお正月で閉まっていたので
ウィンドウ越しに中を見ただけでしたけど.このあたりも変わったなーと感じましたが,,,
ここがなんと「D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO」だったのですね~☆びっくり

今日はまたプリント図案のお仕事です.
by artigana-g | 2008-02-24 09:18 | MODE | Comments(0)
春一番のすごい風が吹きました
b0055196_2317561.jpg

修理に出していたCDプレーヤー(ラジオ・時計付き)が戻ってきました.修理金額の上限を
15000円にしておいたのですが超過せずに,11067円なり.高かったですね!
持って帰ってきて開けてみると,マドンナのCDがセットされていた.というか,そのまま修理に出していたははは
高くついたので,急に再び英会話のお勉強をしようという意欲が出ました.アメリカ人の真似を
するのは楽しい.頭を使っているときはうまくいかないので,定番の刺繍をしているときなどに
とてもよいです.折りしも米軍基地のそばに引っ越したお友達から「遊びに来て」という電話を
もらったので,じゃあぁ軍人とお話でも・・何かとりあえずの目標があったほうがいいですね.

お陰様で展示会用の商品は終了致しました.ぱちぱちぱち
“結婚式ブーム”はどこまで続くのでしょう?すでにピークを過ぎたのではないか?と感じるのですがどうでしょう..これからが厳しく,おもしろくなるのでしょうか.
by artigana-g | 2008-02-23 23:54 | 職人 | Comments(4)
夜のお話,の続き
とても疲れて朦朧としています.今日もがんばりましたが終わりませんでした.懲りすぎている
商品を作っているかも.

思い起こせば・・・
アパレルを辞めたいと思った強い気持ちが湧いたのは,私が微妙なラインに気持ちを込めて
作ったはずの商品が,地方の,お坊ちゃま君がお父上のお金で出したような,コンセプトなど
いい加減に思われるお店の,セールのワゴンの中に乱雑に置かれているのを目撃してしまった
時でした.どうしてこんな風になってしまうの?私の大切な商品が★と嘆いたのでした.が
「在庫は悪」ですから会社は残ったものをどうにでも処分しなくてはいけません.1デザイナーが
感傷めいたことを言っていてもしかたがないのです.そこで私は「私には合わない」と思いました.
それから会社を辞めるまで4年ほどあるのですが,アパレルデザイナーの経験はもう充分でした.

そこで私は単純に,反動で,お客様と自分があまり遠くない距離の,自分の手で作るお仕事を
したいと思いました.その望みを神様が受け入れてくださったのか,この道が開けたのでした.
それからみなさんの恩恵にあずかりここまで来ました.
原点の気持ちは今も同じです.やればやっただけ職人魂のようなものが少しずつ磨かれます.
もうこのへんで充分だ,などとはとても思えない現状です.
いろんなことにショックを受けながらも続けていくべきでしょう.
誰かを幸せにできるのなら,お手伝いをしなくてはいけないと思います.それに,私は
このような働き方を「新しい」と思っているので,それを誇れるものにしたい.
by artigana-g | 2008-02-23 00:05 | 職人 | Comments(9)