<   2007年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧
大晦日
b0055196_17323953.jpg

来年のテーマ “脱皮”

を表現しようとしたのですが,準備不足と冷たい風が災いしまして,,どちらかというと “湯上り”
あるいは “あとずさり”・・・でしょうか;;

今日は美容院,エステをはしごしてそのあと一人で映画館に行こうかなぁと思っておりました.が,それでは自由すぎると思いまして,映画の代わりにお掃除を.そして帳簿の入力を.
ひとりで過ごす大晦日は3度目かなぁ.淋しそうですか?それがそうでもないんですよ.
明日は飛行機に乗れると思うと,しんしんとした銀世界(そうなっているといいのですが)をまた
見ることができるのだと思うと,夜も気持ちよく過ごせます.

今年も『花嫁の裏方』に来ていただいたみなさまに感謝です.みなさまは私の励みです.
どうもありがとうございました.来年も(すぐそこですが)よろしくお願い致します.  artigana-g
by artigana-g | 2007-12-31 18:04 | 職人 | Comments(12)
artigana-gの仕事・250
b0055196_2357513.jpg

シルクシャンタンの黒いバッグ

これの色違いです.ゲスト用にオーダーいただきました.直径約15cm.黒を撮るのも難しいですね^^;

あ~やっと終わりだ.私の両目両手,すべての道具たちお疲れ様でした☆あと残っているのは
帳簿と棚卸か..思い起こせば
今年はガツンガツンとくることがたびたびありました.でもそれでいい.その先に行きましょう.
もうふたつ寝るとお正月ですネ.
by artigana-g | 2007-12-30 23:31 | 仕事 | Comments(19)
咲きました
b0055196_1213082.jpg

何かと慌ただしいですね30日ともなると.みなさん大掃除ですか?仕事場の床は糸くずだらけ.
お花が5個咲いて,つぼみもたくさん出てきた.嬉しい.外はとても風が強い.雲行きが怪しい.
by artigana-g | 2007-12-30 12:21 | 日々 | Comments(8)
『花嫁をセレブにする建築  「結婚式教会」の誕生』
b0055196_20471177.jpg

五十嵐太郎著 「結婚式教会」の誕生 春秋社 を読みました.興味深い内容です.

1990年代から,結婚式のためだけに建てられた教会(=結婚式教会)が日本各地で増殖中.
ブライダル業界が生き残りをかけて,ウエディング・チャペルを建設している.

ウエディング・ドレスを着たいという花嫁の願望を叶える西洋風の建物.それは
大聖堂を連想させるゴシック様式が多い(しかし不十分な模倣によって様式は崩れる).
バージンロードの長さは重要なスペック,劇的な演出効果を生み出す「階段」は必須.
そのほかステンドグラス,パイプオルガン,白人の牧師(ニセモノでもかまわない)・・・という
フォトジェニックな舞台装置,それらは記号としての本物らしさであり,使い捨ての存在である.
専門家からは商業主義に毒されたイカガワシイ建築(過去のラブホテルのデザインと同様に)
と思われている結婚式教会に数百万単位の金をつぎ込む日本人の結婚観と,建築感,,ブツブツ

日本でのキリスト教やその教会の歴史,婚姻の歴史,ブライダル業界の歴史のほか,外国の
教会建築,アトリエ系の建築家の設計したホテルや教会も紹介されていて読み応えあり.

思わず笑ってしまう箇所がところどころにある.
外国人牧師がいいと言っても,インド人の本物の牧師さんが現れるとクレームが,,.
ブリティッシュ・テイストをウリにしているのに建物の名称はフランス語,,.キッチュな日本です.
このような世界が私と繋がっているのだ.と思うと複雑な気持ちがしなくもない.いや,これが
日本ですよね☆ おもしろそうな「結婚式教会」の写真を撮りに出かけたくなりました.
by artigana-g | 2007-12-29 21:22 | MODE | Comments(4)
裏方の手帳より・・・2007年心に残った言葉(抜粋)
● 銀座では,派手な店ほど一時の流れに乗るだけで,すぐになくなってしまう.
  地道に約束を果たし,信念を貫いた店が生き残るんです.
  華やかに,強く見せようとする人ほどもろいものはありません.
  (ますいさくら)

● 写真は家族の形を整える PHOTO IS FUJI FILM

● いずれにしてもでっかいものを観にいくと気が晴れる.
  (よしもとばなな)

● 服とは流行を追いかけたり,自分を完璧に見せたりするものではなく,自己表現なのです.
  (ANNA SUI)

● きみはバロックだ.
  (黒川紀章)

● 創造的な仕事は,教養がないと深みが出ない.
  (森英恵)

● ファッションは本来,いかに個性的であるか,自分自身であるかという,いわば
  精神活動に利用してもらうものなのに,みんなが同じものを持つことになってしまう.
  日本のファッションが抱えている不幸です.
  (山本耀司)

● 「そうだ。センセイはもう箱にしまうことにしたんだった。私は思い出す。」
  (~『センセイの鞄』 川上弘美)

● 「デザイナー」ってなにかと注目されがちな商売になりましたけど,
  決して当の本人たちは楽観的じゃない.
  こんなに次々とモノを作っていいのか,というような迷いがあると思うんですよね.
  (深澤直人)

● 作ったものが日のあたる場所で輝いているって,シアワセなことです.
  (erialieさん からのコメント)
by artigana-g | 2007-12-28 23:20 | 職人 | Comments(10)
artigana-gの仕事・249
b0055196_22373553.jpg

リボンと羽根のボンネ

まだお仕事しています.プライベートなお仕事が30日まで続く.夕方京都の会社から荷物が届きました.何だろう~?と思いながら開けてみると,ドレスの残布がぐしゃぐしゃと入っていました.
発注された商品は完納しているはずなのに.意味がわからず京都の会社に電話すると(まだ
やっていた),「え?・・・・・あ,・・・あ~それ間違えました~捨ててください」って..
わざわざ京都からゴミを送るな.と思いました★が,波風立てずに年末のご挨拶で〆ました.
by artigana-g | 2007-12-28 22:46 | 仕事 | Comments(6)
artigana-gのTOKYO・121
b0055196_19474019.jpg

TOD'S のウィンドウ_表参道

南青山のお店に今年最後の納品&ご挨拶に伺いました.今年が終わった..今年もたくさんの
お仕事をありがとうございました040.gif新しいので使ってみました

表参道のウィンドウはシルバーとゴールド系のディスプレイが多くなった.門松もたくさん見た.
松を売るおじさんのお店も突然できていた.表参道にはすでに日の丸の旗がひるがえっていた.
by artigana-g | 2007-12-27 20:01 | TOKYO | Comments(8)
artigana-gのTOKYO・120
b0055196_19293743.jpg

雪のかたまり_表参道

朝,南青山に行く途中に見つけてちょっと驚きましたが,『新潟館 ネスパス』の “かまくら”
なのだそうです.湯沢から持ってきた雪のようです.夜になるとキャンドルでライトアップされる
ようです.昼間見るものではないのかも.表参道ヒルズのそばで目立っていました.
東京も一段と寒くなってきましたが,いつまでもつのでしょうか?メルヘンですね.
それにしても今日も(表参道ヒルズの)SMAP SHOPのオープン前に並ぶ人のすごさったら..
by artigana-g | 2007-12-27 19:39 | TOKYO | Comments(2)
artigana-gの仕事・248
b0055196_23523512.jpg

オーストリッチのネックレス

いよいよ最後のお仕事をしている.ドレスの刺繍を済ませて,縫製の人に送らなくてはいけない.
お正月休みの留守の間,ひょっとしてここに泥棒が入るとか,仕事場の天井から水が滴ってくる
とか火事になるとか(その可能性はきわめて低い.でも)そのような事が起こってしまうと,花嫁が困ってしまうと思うので,とにかく年を越して仕事場に置いておきたくない.のであともう少し

昨日は西麻布のI君の事務所に遊びに行き,お互いの近況報告をした.私がミニチュアの話を
するとI君はおもむろに小さいトランクの中から“G.I.ジョー”のお人形を取り出して見せてくれた.
男子の仕事場にはこんなものもあるのね.・.・.G.I.ジョーの迷彩服は物凄く緻密に縫製されて
いて,カフスとかそれについている小さ~~いタブが,,おみごと.と言うしかない.脱帽です.

I君の事務所,冬に行くことが多い.だから西麻布はいつも寒いイメージ.帰り道の六本木トンネル付近で,いつも歯ががちがち鳴るのだった.真っ暗な国立新美術館を横目に見ながら黒川氏を
ちょっと思い出しながら帰る.来年1月は『横山大観』の展覧会があるようです.
by artigana-g | 2007-12-27 00:02 | 仕事 | Comments(8)
パーソナルカラー
b0055196_844059.jpg

セールにならない,というセーターを買いました.NYのブランドらしい.カラーバリエーションが
とてもがたくさんあります.
レジを待っていると担当ではない販売員さんから「お誕生日はいつですか?」と聞かれました.
366日分のパーソナルカラーのカードがあるというのです.そして私のを渡されました.
2月4日生まれは“メロン”なのだそうです.“平和”という文字がある.
 あなたはとても心優しく,周りを気遣い大切にするひとです。あなたの心遣いが
 周りの調和をもたらします。
 この色はきっとあなたを高めてくれるでしょう。

と書いてあります.

この日このあと書店で偶然 『誕生色占い』(ソフトバンク文庫)というのを見かけました.
(この本の中の2月4日の色はメロンとは違う渋いライトグリーンだった)
アメリカからの流行でしょうか?来年はトレンドもカラーがフル.色が注目されるのかもしれない.
by artigana-g | 2007-12-26 08:55 | MODE | Comments(4)