<   2005年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
3ヶ月経過
ブログを始めてから,あっという間に3ヶ月が過ぎました.

書く私,それを読む私,人が読んでくれていることを意識する私,考える私,そしてまた書く私.

初めて遭遇するちょっとした動揺もこの辺でおさまりました.
こういうのはやってみないとわからないものですね.
知らない人達(でも現実の人達)と繋がっていける,というのが一番楽しい.
自分の事を外から眺めて,いろいろ考えることができる場所という感じです.

「これって,出会わない出会い系?」と言われたり,
「セキララに書きすぎているんじゃない?」と言われたりしました.
知らせた友人たちはずっと読んでくれているらしく,めっきりメールが来なくなりました.

自分がジャーナリストでもないのに,私のブログを毎日読んでくれる人がいる.
3ヶ月目にして,ブロガーの責任を感じたりしています.
どうしてもセキララになってしまうけど,それが私なので皆さんお付き合いくださいネ.


ブログって「文化」を創っていくんでしょうね.
自分もその一人なんだなぁと実感します.
by artigana-g | 2005-01-31 19:14 | 日々 | Comments(2)
artigana-gの仕事・2
b0055196_1958458.jpg

                      シルクリボンのコサージュ
by artigana-g | 2005-01-30 20:02 | 仕事 | Comments(5)
気になるブラウス
雑誌を見ていると最近,またブラウスがたくさん出てきました.

アパレルのとき,私はこのアイテム専門のデザイナーだったのです.
さんざん,いろいろなブラウスを作りました.
フリル,ラッフル,タック,ピンタック,刺繍,レース,プリント,ステッチ,ギャザー,etc...
素材も綿,麻,シルクや薄手のウールとか,もちろんポリエステルも.
そんな訳で,ブラウスを見るとそわそわしてしまうのです.

自分がブラウスをデザインしなくなってから
ブラウスを買いたいと思うとき,これがなかなか買えないんですよねぇ.
トータルで展開しているブランドのインナーは「おおあじ」だったりするし,
シルエットがイマイチとか,お値段高すぎとか,素材が気に入らなかったりとか.

ブラウスって,やっぱりアクセサリーみたいに
単品で目立っていないとダメだと思うんです.全体の中のアクセントにならないと.
そういうブラウスが欲しいんです.

今朝,4時くらいに目が覚めてしまって,思わずTVをつけたら
映画(第二次世界大戦頃のお話)をやっていまして
その中に出てくる女の人達のブラウスやワンピースがとても素敵だったのです.
1940年代のきちんとした感じの.
麻のブラウスとか,今年着たいな~と寝ぼけながら思いました.
トワルをいじったりして,ちゃんとパターンを作って,自分の好きなブラウスを作りたい.
と思うのですが,,,.

ブラウスを着ている女の人,やっぱり見ちゃうんですよね.
それで素敵だと嬉しかったりするんです.
by artigana-g | 2005-01-30 17:47 | MODE | Comments(6)
来客ですが今日もお仕事
この間キャンセルの彼が午後から来ることになっているのに
月末に納品する商品の材料が足りない!
これから浅草橋まで行ってきまあす.しょうがないです,月末だから.
ああもう10時!

        *        *        *

彼に会えて大満足.
ケータイを変えたといって,auのtalbyを見せてくれました.
かなりカッコイイ!これもいいなぁぁ.迷います.

彼はいろ~んな事を知っているインテリです.(お仕事柄)
それで,いろいろな事を話してくれるのです.とっても面白いのです.
あまり話すと彼に叱られるので,,,謎の男ということで.

本日のケーキは,LE BLANCのケーキでした.
イチゴのと,モンブランと,何か大人っぽいムース系・キャラメル味.
by artigana-g | 2005-01-29 10:00 | 日々 | Comments(6)
私の知らない事
私はプログラミング言語というのを知らないので,
グラフィックデザイナーさん(妹の大学の時のお友達)に
ちょっとだけ,このブログのスキンを編集していただきました.
両端の背景を無地にして,日々のタイトル文字をグリーンに.

わざわざエキサイトに新しいブログを開設して,
編集したブログのURLをメールで送ってくださって,確認させて頂きました.
それにどうやって編集するのかを詳しく教えてくださって
本当に感謝です.

こういうすばやくていねいな仕事振りに感動してしまうと
やっぱり「新しい名刺のデザインをお願いしようかナー」という気持ちにさせられます.
自分もこんなふうにお仕事をしなくてはと思いました.

それにしても,HTMLとかCSSとか,少しでもわかりたい.
(そんなことをお勉強している暇があるかどうか何ともいえません)
なんていうか,人の場合でも
気になる人のことを知りたくなるような.
いつもムスっとしている人が笑ってくれたときの嬉しさ.みたいのを味わいたいような.
by artigana-g | 2005-01-28 17:41 | 日々 | Comments(6)
artigana-gの道具・7
b0055196_943599.jpg

IBM・ThinkPad 黒の質感がとても好き.角にあるロゴにラインストーンを貼りました.(ケータイに貼った残りで)キーボードのNの文字がバイアスにはげてしまい,Tの文字も短くなってしまった.キーボードの文字がはげてしまうなんて思ってもいなかった.(キーボードカバーは最悪なので使いません)のばしている爪がいけないんでしょうか...でもこれかなり好きなんです.
by artigana-g | 2005-01-28 09:17 | 道具 | Comments(0)
大急ぎでお買い物
ある人にお礼の品として,ワインを買いに出かけました.
私はお酒が弱い人だし(飲めそうに見えるといわれますが違うのです),
ワインのことは全く知らないので
「ウンチクの彼」に相談すると新宿なら伊勢丹がいいと教えてくれました.

ワイン売り場で,おねえさんのオススメのとおりの赤ワインを買いました.
ラベルにピカソの鳩みたいな絵があるワイン.私には全くよくわかりませんけどネ.

食料品売り場では,近づくバレンタインデーのための
芸術的なチョコレートに出会えることを期待していたのに
特設会場は6階に!ああ,そんなところまで上がっていく余裕がない!
かなり残念.バレンタインデーの頃は来ないだろうな.きっと.混んでいるから.
仕方がなく洋菓子・和菓子売り場をざざっと流してみました.

洋菓子がきれいなのはいつもの事ですが,
和菓子でケースが凝っていたり,詰められたときのデザインに気を遣ってあったり
素敵なのがたくさんありました.今度,母に送ってあげようっと.

・・・そんなにのんびりしていられないのです.
1階の化粧品売り場に行って,M・A・Cのアイシャドウを買わなくては.
ライスペーパーという色のアイシャドウ.今のところお気に入りの色.
この時間に,それぞれのブースでゆったりと化粧品を選んでいる人達を見ると
とっても贅沢な雰囲気!です.
走り回っているような自分がいやだなー.
でも伊勢丹は楽しかった.行って帰って1時間の休憩.
by artigana-g | 2005-01-27 17:27 | 日々 | Comments(6)
セールス
3時頃に,セールスの電話が来ました.光ファイバーの.
なんとなく話を聞いてしまい,いいかも,と思いました.

人からお金を頂く,というのは簡単な事ではありません.日々実感.
飛び込みのセールスとかやっている人,尊敬します.

細木数子さんの占いによると,私には「初代運」というのがあるらしい.
そういわれれば,親戚には誰もお商売をしている人がいないし,
ファッション関係なんて全くいないし.
経験的アドバイスをしてくれる人はいなかったのです.

私の中では,「商売」をしている人というのは
なにかこずるいようなマイナスのイメージがずっとあって
(こずるいって日本語にないですか?)
自分が自営業になったときには,その一味になったような嫌な気持ちがありました.
しばらくしたら,そんなことは間違いだとわかりましたけどね.
大きな信用のある会社だって「商売」なのですし.

「お金が欲しい」と顔に書いてあるような人に,人はお金を払わないものだなー
というのも,身をもって理解しました.
「あなたのお役に立ちたい」というスタンス!が大切.

そういう場合,セールスはうまくいきます.
by artigana-g | 2005-01-26 19:04 | 日々 | Comments(4)
立場が変わると
月末が近づいてきました.
なんとか一つでも多く,注文頂いた商品を上げようとちょっと必死.
レンタルのお仕事をやっている間に,オーダーサロンの注文が溜まってしまいました.

月ごとの売上目標があるわけではないのですが
私のような年中・日雇い労働者としては
来月どんなお仕事が来るか全く予想がつかないので
注文頂いている商品はどんどん仕上げる,というやり方でやっています.

OLの頃にはわからなかった月末近くの営業さんの気持ちがわかります.
販売員さんたち(今ってFAさんって言うらしい)もそうだったでしょうね.
そんな時デザイナーはキリキリしてませんでしたから.

会社を辞めて,一個人になると
結構思わぬことが起こったりしたものです.
最初のあたりは「職業は?」と聞かれても,なんて答えていいかわからなかったし.
百貨店のカードを作ろうとしたら,審査で落とされてしまうし.
それは当たり前.と言われそうですが,
そのときは「カードが作れない」人というのに戸惑いましたねー.
生地やさんも,デザイナーではなく図案家の私に冷たかったし.
いろいろな事が違うわけです.

狭い会社の中で偉そうにしていた自分が恥ずかしいです.
一人でお仕事始めたら
いろんな立場のいろんな人の気持ちが少しわかるようになりました.
それはそれで私にとっては良いことなのです.
by artigana-g | 2005-01-25 18:30 | 日々 | Comments(2)
投稿マニアではないんですが
今日,年間購読しているPC雑誌の最新号が届きました.
一番後ろの「読者のページ」のところに,私の名前が!!
プレゼント用の葉書にチョコチョコっと書いた文章が載ったのでした.
実はこれで3回目です.(掲載されると500円の図書カードが来ます)
実名だし,「東京都○○区・自営業」というのも載っているので
結構恥ずかしかったりするのですが.

気がつくと,「おもしろかったぁあ」と思う本に読者カードがついていれば
必ず感想を書いて送っていますし,
読者カードがなかった場合は出版社のHPで感想を書いてしまいます.

こういうのは一人でお仕事を始めてからの事で,
社会と繋がりたい,とか意見を発表したいと思うからだと思います.

専門学校の時に,特別講義という自由に選択できる授業がありまして
「ファッション・ジャーナリストの実務」(講師は某ファッション雑誌の編集長)
というのを選択したのですが
最後に試験めいたものがあって,その結果
「この中でファッション・ジャーナリストになれるのは○○さんとartigana-gさんだけです」
というお言葉.それが妙に嬉しかったりして

母と叔母には「親戚の中であなたの手紙が一番おもしろい!」
とつねづね言われていました.ので

何か書きたい欲求がいつもあったのです.
それで,この場所へと繋がってしまったのでしょうね.
他のブログを読んでいて
その辺の雑誌よりとってもおもしろくて引き込まれたりしてますし.

そういう楽しさがある毎日が楽しい.
by artigana-g | 2005-01-24 17:34 | 日々 | Comments(8)