カテゴリ:MODE( 216 )
『エスプリ ディオール ディオールの世界展』2
b0055196_1736335.jpg


地下では職人さんたちがアトリエの作業の様子を実演しています.
壁のパネルにあった言葉・・・本当の贅沢には、本物の素材と職人の真心が必要である。そしてそれは伝統への敬意なしには意味をなさない。

パンフレットより抜粋
子供の頃から、日出る(いずる)国はクリスチャン・ディオールの情熱の対象でした。日本の文化に心惹かれ、日本人が伝統を尊重しつつ現代的な感覚も合わせもっていることを称賛しました。・・・日本製の生地を愛用した彼は、京都の老舗龍村美術織物と協力を結ぶ一方で、ディオールのデザインと型紙を使って日本の生地による服の製作をしたいという株式会社大丸の希望に応えて契約を結びました。時とともにこの交友関係は発展の一途をたどり、やがてメゾン・ディオールは高松宮妃をモンテーニュ通りにお迎えし、ついで、のちに皇后となられる正田美智子さまのご用命を受けることになります。・・・1959年4月10日、正田美智子さまと皇太子殿下とのご成婚の日、パレードの馬車に着座された美智子さまは、クリスチャン・ディオールが製作したローブデコルテを召されていました。

More
by artigana-g | 2014-11-30 17:53 | MODE | Comments(8)
『エスプリ ディオール ディオールの世界展』
b0055196_17224653.jpg


銀座で開催中のディオールの展覧会(来年1月4日まで)を観に行きました.昨日刺繍の先生が生徒さんとお話していたのを小耳にはさんで.もう一度行きたい.高貴で美しく最高☆ 元気が出ます.(撮影可)

More
by artigana-g | 2014-11-30 17:34 | MODE | Comments(0)
CINEMA 『美女と野獣』
b0055196_2329792.jpg


全然マークしていなかった映画でしたが誘ってくれた人がいたので出かけました.@新宿
クリストフ・ガンズ監督作品   公式サイトはこちら

かなり良かった. セリフがフランス語だったから?美女役のレア・セドゥさんが美女だったから?雪の場面,植物で埋め尽くされる古いお城,森が動く,鹿が,馬が,猟犬が,ファンタジーな映像満載.美女のために野獣が用意したドレス,白とグリーンとブルー↑と赤のドレス,とアクセサリーとヘアアレンジがとても素敵です.野獣の衣裳もいいです.衣裳デザインはすべて良いです.今日は得した気分です.
by artigana-g | 2014-11-11 23:48 | MODE | Comments(2)
mame
b0055196_22132626.jpg


私の知り合いのパタンナーさんが↑こちらmameのお仕事をしているということでコレクションのことを伝えてくれました.毎日デザイン賞受賞だそうです☆ 私もこのブランドがかなり好き.このドレスの刺繍もいいですね☆ こんな図案が描ける人になりたい.
by artigana-g | 2014-11-06 22:21 | MODE | Comments(0)
CINEMA 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
b0055196_9142644.jpg


花嫁にご好評いただいている『グレースケリーのヘッドドレス』という商品を作っている私ですがモナコのことやグレース・ケリーの苦悩のことも良く知らず,この映画はいろいろと勉強になりました.史実に基づいた王室ものの映画は映画としていつもイマイチで,,.しかし60’sの素敵なファッションや高貴なドレス&アクセサリー,お城の生活など,観る楽しみは十分です.ニコール・キッドマンが美しい.マリア・カラスの声も素敵. 私の中でグレース・ケリーの存在感はまた強烈になりました.ちなみに映画の中で結婚式の記録映像が出てきます☆ (でもヘッドドレスはよく見えませんでした)以前モナコに行ったとき,グレース・ケリーのお墓にお参りしました.合掌
公式サイト
by artigana-g | 2014-10-22 09:32 | MODE | Comments(0)
昨日の続き
b0055196_22514161.jpg


昨日の続きでサンローランさんの本を読み返したりしました.↑ モンドリアンコレクション1965-66AW

「ファッションを静止している彫刻のようにとらえることをやめなければならない。逆にそれをモビール(動体)として見なければならない、ということが突然閃いたのです」
私は今まで伝統的なエレガンスにこだわっていました。クレージュがそこから私を引っ張り出してくれたのです。彼のコレクションに刺激され、『僕にはもっと素晴らしいものができるぞ』と一人でつぶやいていたのです」
モンドリアンコレクションの開催後まもなく、イヴ・サンローランは初めてのブティック、リヴゴーシュの開店を発表することになる。判断の確かさ、自分自身に対して得た信頼感を示す決定的な選択であった。

 MODE 1958-1990 イヴ・サンローラン展 ―モードの革新と栄光 図録より
by artigana-g | 2014-09-10 23:06 | MODE | Comments(0)
CINEMA 『イヴ・サンローラン』
b0055196_2235695.jpg


映画『イヴ・サンローラン』 シャリル・レスペール監督作品 を観ました.@渋谷
 
1960年代から現在に至るまで。一流ブランドの創始者にして、天才デザイナーの華麗なるキャリアと人生の、喝采と孤独を描いた感動作。(パンフレットより)

期待が大きかっただけに少しがっかり.私生活が描かれますがそれは想像通りのことであるのでそれよりも服を作りだすアトリエの様子,美しい素材などをもっと見たかった.
映画の中で使われている衣裳はすべてイヴ・サンローラン財団所有の貴重なアーカイブだそうです.
繊細であったサンローランさんを演じているのはピエール・ニネ.
by artigana-g | 2014-09-09 22:58 | MODE | Comments(2)
VALENTINO
b0055196_22441454.jpg


2014-15秋冬オートクチュールコレクション
VOGUE.comより


More
by artigana-g | 2014-09-07 22:45 | MODE | Comments(0)
この夏の一冊
b0055196_22353287.jpg


『白蓮れんれん』  林真理子著 中公文庫
集英社文庫がたくさん並ぶ中,中公のほうを買いました.買ったばかりでまだ読んでいないのですが.
    

今読んでいるのは
by artigana-g | 2014-08-05 23:29 | MODE | Comments(0)
画像送っていただきました
b0055196_2228414.jpg


先日の新商品こちらを撮影していただきました.
かわいいですね☆

by artigana-g | 2014-05-16 22:34 | MODE | Comments(2)