<< 刺繍の毎日 本日の現場 >>
artigana-gのTOKYO・150
b0055196_201657.jpg

安藤ストリート_仙川

北海道土産を渡そうと,Cちゃんと京王線仙川駅で待ち合わせ.(彼女は京王線の人なので)
仙川(せんがわ)は私が学生時代からその後しばらく住んでいた街で,
最近はかなりイメージが変わったというのは噂に聞いていました.それで一度,
その新しくなったという仙川を見てみたい気持ちがあったのですが,きっかけがないと
なかなかひとりでは行く気にはなれなくて...

仙川駅を降りると,何がなんだか,どこがどこだかわからない.夢を見ているようでした.
商業施設がたくさんできていて,名高い安藤忠雄建築が並ぶストリートも,できていました.
日本の街って,どんどん変わってしまいますね!
私が当時住んでいたアパートを見に行くと,全く新しいアパートに建て替えられていて,,
セイシュンの思い出がその場で消去された感じがしました.(それでいいと思いました)
よくしていただいた大家さんはお元気だろうか?と,こちらも建て替えられた立派なお家を
見上げてみましたが,ピンポンはムリでした.私のことはもうお忘れになっていると思います.
刺繍のお仕事が待っているので,Cちゃんとちょろっとお茶してから帰りました.
by artigana-g | 2008-09-19 20:59 | TOKYO | Comments(4)
Commented by erialie at 2008-09-19 23:56 x
変化することより、変わらないことの方が価値があるかもしれませんね。
Commented by artigana-g at 2008-09-20 09:29
erialieさん
おっしゃるとおりかもしれません.変わらないものは少ないでしょうね.
大家さんの少し広めの畑と養鶏場はそのままだったので,
なんとなくうれしかったです.仙川のイメージってそんな感じだったのですが..
Commented by うらら at 2008-09-22 08:29 x
仙川は友人が住んでいて、私も仙川は「少し広めの畑と養鶏場」があったイメージ。
年令の離れはありますが、先行する私のセイシュンは千歳烏山。
駅前には大きな空き地がありぽつんとブランコ。
ビリーバンバンの白いブランコを口ずさみながら、センチに過ごした時間も懐かしい。
artigana-gさんのブログに、セピア色のひとときを思い出しました。
Commented by artigana-g at 2008-09-22 23:16
うららさん
ご無沙汰しておりました☆コメントありがとうございます.
そうだったんですかぁ.千歳烏山も懐かしいですねぇ.
あのあたりはちょっとのんびりした雰囲気がありましたが,
かなり変わってしまい,驚きました.
もう気が済んだので,しばらくは近づかないと思います^^
うららさんも一度おでかけしてみてはいがかでしょう.
名前
URL
削除用パスワード
<< 刺繍の毎日 本日の現場 >>