<< artigana-gの仕事・288 いよいよですね >>
再放送も見た
b0055196_21552387.jpg
asahi.comより
これワンピースのプリント柄でも良いですね・・・?

北京オリンピックの開会式,とてもビックリしまして,今日も再放送をまた見てしまった.
中国の,たくさんの男の人たちの地響きのような声と,一糸乱れぬ(ちょっと乱れたけど)
動きに感動したのです.人がやっているのにデジタルのようだった.

開会式を2度見るなんて今までなかったことです.長野オリンピックだって,きんちゃんと
卑弥呼くらいしか憶えていないし,どの大会のセレモニーもよく思い出せない.
今回のは,演出をした映画監督のアイディアがどれも素晴らしいです.
最初の太鼓↑のところと,孔子の弟子が竹の巻物を持って出てくるところと,それに続く
印刷の写植が動くところと,オールが出てくるところ.
孔子の弟子の竹の巻物は,きっと南京玉簾(なんきんたますだれ)のような動きになる
のだろう,と期待していましたらそんなことは起こらなかった.
巨大な地球を表わすボールが出てきた時は,中国は地球温暖化に協力的ではないはずだ,
思わず見る目が冷たくなりましたが.花火も豪華でしたね.
北京であんなに電気を使って四川の人たちは怒りそう,と思いました.
いやいや感動的でした.昨晩は熱帯夜に悩まされ,今日はさすがにバテました.
by artigana-g | 2008-08-09 22:13 | MODE | Comments(2)
Commented by cappu at 2008-08-09 23:36 x
本当に感動的でしたね。すごい数の人が一つにまとまっていましたね!
でも本当に花火や電飾はartigana-g さんと同じように感じていました。
Commented by artigana-g at 2008-08-10 10:01
cappuさん
オリンピックのセレモニーを演出するって,ほんとにすごいことだと思います.
どうやって世界を驚かせて喜ばせるか,,.無謀にもまた作る側のことを
考えてしまいました^^;
人が多い,ということそのものが「中国」でしたよね.
男だけの集団をいやに意識してしまいました.これが騎馬民族かぁとも
思いました.日本とはかなり違いますね.
でも今回見ていて,自分も歴史の中にいるんだなあと強く感じました.
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gの仕事・288 いよいよですね >>