<< 妹のために働きました. 制作中 >>
お似合い
b0055196_840517.jpg


製作過程で,作っているものを自分の頭にのせてみて,鏡でバランスなどを確認する.
不思議とどれも私に良く似合う.
前髪をのばしたヘアスタイルにしてからますます何でも似合うようだ.
実際,お店に伺って商品をアピールしようと
自分の頭にのせて見せたりする時 「artigana-gさんに似合う~」とマダムの皆様に
言われたりすることが多い.

先日,鶴亀のボンネをI君やCちゃんに見せたときも自分の頭にのせて見せた.
やはり,「似合うね!」と言われた.
私に似合ってもしょうがないのです..欲しい人に届かなければ.
I君とCちゃん
「それさあ,自分の頭につけて毎週とか,表参道を行ったり来たりしたら?評判になるかもよ」
(ゲラゲラ)というグッド・アイディアを出してくれましたが,私はそこまでできる人ではないです.
by artigana-g | 2008-07-17 09:02 | 職人 | Comments(4)
Commented by eriseki at 2008-07-17 09:59 x
自分の好きなものを信じて作るのですから、
似合うのも分かる気がします!
artigana-gの感性に沿える人が世の中にはたくさんいると思います☆
Commented by artigana-g at 2008-07-18 00:03
erisekiさん
自分の好きなもの,,だけでもいけないのでしょうけど
そうなってしまうのでしょうね.
他にスタッフがいてくれると良いのですが.
Commented by dubrovinike at 2008-07-18 00:05 x
花嫁の裏方が表舞台に!って感じで評判になるかも知れないけれど、顧客バナレがおこりそうですねぃ、アハハ 
むかし表参道で、東京プリンにあいました。プリンかぶって・・ました・・当然ですけど,,

上の写真、靴の”つり込み”と言う工程にちょっと画的に似てます。型に革をはわす時に靴の裏に釘を何本も打ち込みます。バランス調整の度に釘を抜き差しします。最後にはハンマーでたたいて寝かせてしまうんですが。
Commented by artigana-g at 2008-07-18 00:09
dubrovnikeさん
顧客離れですかあ.その心配はありますネ.
私が花嫁っぽくないし..

つり込みって,なんとなくわかります.
微調整するのですね?この場合も同じようなものですね.
仕事場の床にはいつもピンが落ちています.
名前
URL
削除用パスワード
<< 妹のために働きました. 制作中 >>