<< 本日も現場 urakata_2は私です. >>
本日の現場
b0055196_22153036.jpg

関西の,とても華やかなものが好きというお客様から,ティアラのオーダーをいただきました.
送られてきた参考資料の写真(ティアラ)が,とても高さのある派手なものだったので
できるだけそれを再現しようと組み立てましたが,あとで聞くと,それよりも高さは低くて良い
と..大きめのファンシーストーンを使うので,今までにはない華やかさになるでしょう.
中間チェックのお返事待ち.

これからトライしてみようと思う商品を考えていたら,ざっと7個出た.夏休みまでに作りたい.
お仕事って,むりやりにでも終わらせるものですよね. と,自分をいましめる.

この間,商店街の古本屋で,川上弘美さんの古道具屋のことを書いた小説を買ったので
ちょっとずつ読んでいますが,(でもぐんぐん読めてしまうのですが)
なんだか川上さんの調子が私と相通じるものがあるような気がして?
川上さんに私のことを話したら,,小説にしてもらえるだろうか,,とか考えた.・・・単なる夢.
by artigana-g | 2008-07-11 22:49 | 職人 | Comments(6)
Commented by リディック at 2008-07-12 12:24 x
モノが出来上がる過程っておもしろいですねー。こんなデザインがこんな風に立体になるんですね。
Commented by aki at 2008-07-12 21:48 x
川上さんとartigana-gさんの調子が相通じるって、なんだか分かります~。
Commented by artigana-g at 2008-07-13 00:15
リディックさん
石のパーツをどれにするのかで最初結構時間がかかりました.
この図はあとから描いたものです.お客様にわかりやすいかな,と思って.
だいたいパーツをいろいろいじってから図に描いて組み立てて
作っていきます.するするっとできることはまずない,ですね.悩みます^^;
Commented by artigana-g at 2008-07-13 00:18
akiさん
かなり嬉しいコメントです.
なんとなく主人公がいつもぼんやりしているような,おっとりしている感じが
共感できるところです.
川上さんの小説では,お酒を飲んでいる場面がよく出てきますが
私はお酒をあまり飲まないのでそのあたりは違うかな..
Commented by duburovnike at 2008-07-14 00:19 x
去年の暮れに川上弘美の小説を初めて読みました。件の古道具屋の話を読みたかったのですが、文庫になっていないようだったので鞄の話を読みました。静かで味わいのある素敵な恋愛小説でした。古道具屋の話も読んでみます。
Commented by artigana-g at 2008-07-14 00:32
dubrovnikeさん
鞄,読みましたか☆なんだか他にはないおもしろい世界ですよね.
古道具屋さんのお話は新潮文庫で出ています.
最近ののほほんとした映画を観ているような小説でした.
「鞄」のほうが上かな,と思いますが,やはり川上ワールドです.
読んでみてください☆
名前
URL
削除用パスワード
<< 本日も現場 urakata_2は私です. >>