<< artigana-gのTOKY... 倍速!強力! >>
さまよえるように
b0055196_21261586.jpg

私も風邪をひいたのでしょうか?カラダが弱っているようなので本日の目標
(スモッキング刺繍1着分)を終えることなく,これから寝ようと思います.
いつもの手馴れたお仕事の合間に 『ファンタジア』 を読んでいましたが,その中に

アラブ人がモスクなどに細密なアラベスク模様を描いたのは,
彼らが砂漠のそばで生活しているからだ.砂漠は広大であり,視線を休めるための
場所もない.だからこそ視線が長い間さまよえるように装飾的な場を作り上げたのだ.

という箇所があります.私の,ビーズで埋めたい,スパンコールで埋め尽くしたいなどと
いうような装飾主義のようなものは
さっぱりとした街,札幌で生活していたからなのか?そうではないのか?どうしてだろう?
考えましたが,よくわかりません.
それを見た人の視線が,長い間さまよえるように,,したいのかな.
私がやりたいと思う刺繍(その他)はだいたい時間がかかるのです.
今しかできないかもしれないという気持ちが私を動かすのですが,商品化とか
考えると頭痛い.今日は首が痛い.  今日はこどもの日でしたね.
by artigana-g | 2008-05-05 22:23 | 職人 | Comments(8)
Commented at 2008-05-05 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dubrovnike at 2008-05-06 00:27
アラベスク、何百年たっていても魅了されますね☆かつて靴を作るときモチーフに、と考えるたこともありましたがなかなか難しいです。artigana-gさんの仕事では、アラビアの職人の美意識や忍耐力を想いながら作業出来そうで、ちょっとうらやましいです。できたらartigana-gさんならでは仕事を続けていってほしいです。

首気をつけて下さい。風邪もお大事に〜
Commented by suga_bear at 2008-05-06 01:35
私も風邪引きました。首が痛かったです。今日はずいぶん良くなりましたが。。。何か偶然ですね。
Commented by ルーシー at 2008-05-06 04:03 x
眠れなくなってしまい、ベッドから起き上がり、花嫁の裏方に来てしまいました。ここには静謐さがあって、高ぶった神経にはいいところです。3月の終わりに、東京都美術館にルーブル展を見に行きました。マリーアントワネットのドレスの詳細はよく見えなかったのですが、テリーヌ入れや燭台、テーブルの扉の細部まで文様が彫られていて、「こりゃ(失礼!)リーズナブルなアントワネットなんて無理」と思ったものでした。職人さんなら「埋め尽くしたい」ですよね…。
Commented by artigana-g at 2008-05-06 23:59
鍵コメントさん
そうですね,距離を置くのもいいのかもしれません.
しかし,材料,素材は地方だと手に入りにくいので,そこが問題だと思います.
Commented by artigana-g at 2008-05-07 00:05
dubrovnikeさん
アラベスク,お好きですか?
私も刺繍の依頼で,アラベスクをリクエストされることがありますが
線のつながりを考えるのは結構楽しいです.

ご心配おかけしました.大丈夫ですよ.ありがとうございます☆
Commented by artigana-g at 2008-05-07 00:07
suga_bearさん
同じですネ☆と喜ばなくてもいいのですが..お大事になさってください.
私も今日は詰め込まずに過ごしました.
Commented by artigana-g at 2008-05-07 00:12
ルーシーさん
なるほどなるほど.私はルーブル展に行きませんでしたが
贅沢三昧の世界ですよね.
なんというか,少しのことだと気がすまないというか,
たくさん刺繍をすれば豪華なのにと思うとやりたくなってしまうのです.
お客様にしてみれば値段が高くなるのは迷惑なことかもしれませんが..
自分を抑えるのが難しいですネ.
今日はよく眠れそうですか?昨日は私も良くない夢を見て2時頃に起きました.
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gのTOKY... 倍速!強力! >>