<< artigana-gのTOKY... 青い色 >>
Fantasia
b0055196_22315871.jpg
メレット・オッペンハイム 《オブジェ,無題》 1936
ニューヨーク近代美術館


この間見た,森美術館(六本木ヒルズ)での現代アートは「どうしてこれが認められて展示されて
いるのだろう?」という私から見れば意味のないような,わからない作品がままありました.
そういう展覧会はがっかりなのですが,,↑こういうのは大好き.感動があるから.
シュルレアリストの,毛皮のカップ&ソーサーとスプーン.良いところは使えないところ.

この写真が載っているのは ブルーノ・ムナーリ著 『ファンタジア』 みすず書房 です.
ブルーノ・ムナーリ氏はデザイナー,芸術家,詩人,発明家,美術教育家,という様々な肩書きのイタリアの異才.想像力って何?という問い挑んだデザインの授業のような内容の本です.
ムナーリ氏のいう「ファンタジア」とは,
身近にあるものに向き合い観察し,その上で分析し解明された,「創造行為」を掌る人間の本能的な能力を指しているのだ.
そうですよ.・・・ムズカシイデスネ^^;1977年に書かれたようですが,中には日本の盆栽や折り紙,
竜安寺の石庭なども出てきます.




b0055196_22331632.jpg

by artigana-g | 2008-03-30 23:24 | デザイン | Comments(4)
Commented by Hisami at 2008-03-31 08:45 x
私もこの毛皮のオブジェをはじめて本で見たときは
ぷちっと鳥肌がたちました☆好きです。
私はマン・レイを紹介した本で見ました~。
「ファンタジア」見てみようと思います。
Commented at 2008-03-31 13:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by artigana-g at 2008-03-31 23:09
Hisamiさん
シュミが同じですネ☆
私もこの毛皮にくるまれたのが大好きです.(実際に真似してみたくらいです)
この本は授業のようでおもしろいです.
Commented by artigana-g at 2008-03-31 23:11
鍵コメントさん
ご報告ありがとうございます☆良かったです!
こちらこそありがとうございました.体調を整えられてハレの日をお迎えください☆
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gのTOKY... 青い色 >>