<< artigana-gの仕事・260 ごほうび到着 >>
解体
b0055196_2119793.jpg

仕事場の隅に置いたまま忘れそうになっていたネクタイ,,の製作.ばらしても良いと指示の
あったネクタイをほどいてみる.なるほどなるほどネクタイの構造って,こうなっていたのかぁ.
これをもとにしてパターンを作る.バイアスのはぎ目が2箇所ある.中に芯が入っています.
ネクタイ用の芯は,ユザワヤさんにあるというのを聞いていたので,でかけてみると売ってました.
“ネクタイ芯地【二本入り】  【説明書が付いてますので簡単に作れます】”
と印刷されている紙と一緒に,ネクタイの形にカットされた芯地(毛芯?)が入っています.
なあんだネクタイってそれ程むづかしいものではなかったのですね.
と今は言っているが明日は困っているかも.簡単そうに思えるものほど簡単ではなかったりするんですよー,しばしば

今日はもう寝ます.グロッキー



b0055196_21334553.jpg

by artigana-g | 2008-02-27 21:42 | 職人 | Comments(4)
Commented by damesala at 2008-02-27 22:28 x
やはりこんな構造になっていたんですね!ネクタイ歴約25年ですが、初めて内部構造を見させていただきました。どんなネクタイができるのか楽しみです。
Commented by artigana-g at 2008-02-28 08:51
damesalaさん
そうですよね,ご自身のネクタイをほどいてみることなんてないですよね.
指示されているネクタイの見本はNYのブランドで,ハンドメイドのようです.
剣先も手で縫ってあり,「これでいいの?」という感じですが.
ネクタイもお洒落に作ろうと思えば自分でもできるんだなぁと思いました.
今回のは新郎用ではなく,どうやらムッシューの私物用のようですね^^;
Commented by black at 2008-02-28 19:24 x
artigana‐gさん こんばんは
ネクタイですか!最初見たときベストかと思いました^^
ネクタイってこんな風になってるんですね~
artigana‐gさんのお蔭で面白い物を見ることが出来ました!
Commented by artigana-g at 2008-02-29 00:01
blackさん
そうですよね,何のことなのかよくわからない画像でした.
思っているより意外と単純なつくりですが,
素材と芯の関係とか,プロならいろいろあるのだと思います.
ネクタイの幅とか長さとか剣先のバランスなど,
流行で変わっているのでしょうね.私はよく知らないのですが,,
今は細いのがトレンドでしょうか.
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gの仕事・260 ごほうび到着 >>