<< 春一番のすごい風が吹きました 夜のお話 >>
夜のお話,の続き
とても疲れて朦朧としています.今日もがんばりましたが終わりませんでした.懲りすぎている
商品を作っているかも.

思い起こせば・・・
アパレルを辞めたいと思った強い気持ちが湧いたのは,私が微妙なラインに気持ちを込めて
作ったはずの商品が,地方の,お坊ちゃま君がお父上のお金で出したような,コンセプトなど
いい加減に思われるお店の,セールのワゴンの中に乱雑に置かれているのを目撃してしまった
時でした.どうしてこんな風になってしまうの?私の大切な商品が★と嘆いたのでした.が
「在庫は悪」ですから会社は残ったものをどうにでも処分しなくてはいけません.1デザイナーが
感傷めいたことを言っていてもしかたがないのです.そこで私は「私には合わない」と思いました.
それから会社を辞めるまで4年ほどあるのですが,アパレルデザイナーの経験はもう充分でした.

そこで私は単純に,反動で,お客様と自分があまり遠くない距離の,自分の手で作るお仕事を
したいと思いました.その望みを神様が受け入れてくださったのか,この道が開けたのでした.
それからみなさんの恩恵にあずかりここまで来ました.
原点の気持ちは今も同じです.やればやっただけ職人魂のようなものが少しずつ磨かれます.
もうこのへんで充分だ,などとはとても思えない現状です.
いろんなことにショックを受けながらも続けていくべきでしょう.
誰かを幸せにできるのなら,お手伝いをしなくてはいけないと思います.それに,私は
このような働き方を「新しい」と思っているので,それを誇れるものにしたい.
by artigana-g | 2008-02-23 00:05 | 職人 | Comments(9)
Commented by yoyo at 2008-02-23 00:38 x
artigana-gさんの目に留まるセールのワゴンの中に「大切な商品」を置いたのも、その神様かもしれませんね。
いろんなものが「こっちにおいで」と導いてくれて今日がある。きっと。ですね☆
Commented by erialie at 2008-02-23 01:40
まわりの騒音よりも、「もうこのへんで充分だ」と思えるようになったら危機かも。
当分、大丈夫そうですね^^。
Commented by tiyoro at 2008-02-23 10:06
aritiganaさんにとって、物を作るということは生きていく証なんだと思います。それが形になっていくのだから素敵な事だと私は思います。
羨ましいと思います。私の仕事は形には現れなく仕事の評価は自分の心でしかできません。これも難しいです。作り続けること、、、、が生きていける事なのだと思います。素敵な才能をおもちなので本当に応援したい
気持ちでいつもブログみています。私の憧れです。
Commented by artigana-g at 2008-02-23 23:58
yoyoさん
おっしゃるとおりかもしれませんね.あの時はショックでした.
もともと就職しなくては,と飛びつたような感じだったので
だんだんと本当の気持ちが湧きあがってきたのだと思います.
あとで振り返ると納得できること,ありますね.
Commented by artigana-g at 2008-02-24 00:04
erialieさん
危機ですね!というか終わりです^^
もうやりたくないと思えるところまで行きたいですね.
Commented by artigana-g at 2008-02-24 00:10
tiyoroさん
なんだかズバリなコメントありがとうございます.
生きていく証・・・☆すてきですね!手帳に書いておきますね.
tiyoroさんのお仕事は,形には残らないけど患者さんはずっと
覚えていてくださるのではないですか?そういう人に私もなりたいです.
応援していただいていて嬉しいです.ありがとうございます☆
Commented by dubrovnike at 2008-02-24 00:43 x
人が積みあげていることに心ないことをいう人っていますね...仕事をしている人たちより、お客様さまに喜んでいただければいいわけですけど。
業界の常識に囚われていては、今までだって先人の“新しい”ものは生まれてこなかったと思います。
もし脱皮したとしても、いつもartigana-g流を通してほしいです。
artigana-gさんの存在はボクにとっても大きいです☆
Commented by artigana-g at 2008-02-24 07:50
dubrovnikeさん
私も途中からブライダルのお仕事に入ったので
昔ながらのブライダル業界を知らないのですが,外側のスタンスのほうが
何かと動きやすいです.
会社を辞めたことで,アパレルの“井の中の蛙”にならずにすみましたし.
けもの道のようですが,リスクを負いたいほうなので自分には合っていると思います.
dubrovnikeさんもご一緒にがんばりましょう☆
Commented by dubrovnike at 2008-02-24 23:10 x
けもの道☆
がんばります♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 春一番のすごい風が吹きました 夜のお話 >>