<< 空いた時間 VOGUE NIPPON 8月号より >>
ご自愛ください
b0055196_19513.jpg
たくさんできたのでタワーにしてみましたがそんなにたくさんにも見えないか

今日は新宿駅の書店で『ツレがうつになりまして』幻冬舎 を立ち読み.
40歳の,帰国子女で完璧主義で神経質なご主人がウツになってからそれを克服するまでを
セツモードセミナー卒の奥様が漫画で描いている本です.
まあるく山になった掛け布団にシクシクシクと泣く声がくっついている絵がたくさん出てきます.
フトンの中でご主人が「情けない」と嘆いているわけですが,絵がかなりカワイイし☆奥様の
ユーモアがちりばめられているので悲壮感はそれ程ない.真面目なご主人の様子が(現実とは反対に)笑いを誘ったりします.
でもこの状態はとても良く理解できる.会社を辞めてしまってから私も同じような気持ちになって
母の前で止めどもなく涙したことがある.私の場合はウツではなく不安神経症というのになり,
電車や人込みが恐くなり,電車に乗っても一駅で降りてしまう(パニック障害)という,それこそ
情けないことになりました.やはり真面目で完璧主義というのは暗い穴に落ちやすい.かたくな
なのはいけません.多少ゆるい人でも十分大丈夫ですよ.ご自愛ください..ご自分が不真面目だと思われる方は何も気になさらなくてよいと思います.
by artigana-g | 2007-06-27 19:54 | 職人 | Comments(13)
Commented by 2008-03 at 2007-06-27 21:11
私も激務をこなし、夜間だけの勤務をしていた頃・・・心療内科通いしてました。睡眠剤と抗ウツ薬も飲んでました。すぐに職場の配慮で勤務形態が変わったので加療は半年程度だったかな。
突然、子供の頃に母に冷たくされた事を思い出し妹の前で大泣きしたりと不安定でした。大好きな旅行をしても、飛行機の中でパニックになりそうになったり。(未だに狭い空間はダメなままです・・・)
完璧主義で「仕事から結婚に逃げる女たち」が許せなかったけど、今のツレに出会って「いつでも(仕事)辞めていいよ」と言ってもらえた分、気楽に仕事ができるようになりました。数年前までは「1人で生きてゆかねば!!」と躍起になっていたんだと思います。逃げる・・・つもりは無いけど、逃げ場があるという安心感で働きやすくなりました。上司の嫌味も流せるようになってきたし。(笑)
Commented by erialie at 2007-06-27 22:23
マジメで完璧主義でストレス発散が下手くそだと、自分では思っているのだけど、経済的に不安定なだけで、精神的に不安定にならないのは、気にしなくて良いということかな・・・。
何か、それも、寂しいが。
Commented by yasukichi-go at 2007-06-27 22:47
程良くがいいですよ。
でも本人が「ゆるく」の気分に切り替えるのが結構大変なんですよね。
頑張っちゃいけないけど違う意味で「頑張れ」って応援したくなります。
Commented by yohco at 2007-06-28 02:08 x
artigana-gさんもそんな経験がおありだったのですね。
今まさに、私の「ツレ」が全くと言ってよいほど同じ状態です。
この亊を言う(書く、ですね。でも言う事も含めて)事は初めてですが、
artigana-gさんの場合、お母様や周りの方が良かったのでしょうね。
私はダメ嫁らしく、もう1年が過ぎようとしています。
同じ仕事を一緒にし、同じ生活をしているのに、「ツレ」だけが、です。
繊細なのでしょうね?ズボラ人の私には理解できず、
その事で少々不安定な日々なのです。
励ましになった言葉や事柄、少しだけ私にも分けていただけませんか?m(__)m
Commented by artigana-g at 2007-06-28 08:10
2008-03さん
そうだったんですか.激務ですかぁ.大変でしたね.
私は心療内科に通った事はないのですが
お話とか聞いてくださるのですか?
彼の言葉で楽になれた,って理想的ですね.ほんとに良かったです^^
仕事から結婚に逃げる..というのは女の人特有の打算的な感じもしますが
それはそれかも.とも思います.でもお仕事はおもしろいですよね☆
2008-03さんもバランスよくがんばってください.
Commented by artigana-g at 2007-06-28 08:16
erialieさん
erialieさんはストレス発散がお上手なのではないですか?^^
経済的には不安定でも精神的に安定している,,お手本ですネ!
精神的に不安定という状態は良い結果を出せないので
その事でまた将来を悲観するというようなスパイラルに落ちていく可能性がある
と思います.
精神的に安定している日常.は,いいものですよね.
Commented by artigana-g at 2007-06-28 08:23
yasukichi-goさん
おっしゃるとおりですネ!
「ゆるく」に切り替えるのにエネルギーが要るんです.
習慣とか思い込みというのはなかなか変えられなかったりします.
「ゆるく」生きていてもうまくいっている人を見るのがいいかもですね.
自分もそうなりたい☆って強く思いました.
Commented by artigana-g at 2007-06-28 08:48
yohcoさん
そうでしたかぁ.私のカウンセラーの先生は
不安神経症は100人に1人がかかっている病気.とおっしゃっていました.この病気を治すためには「何が不安なのか」をハッキリさせて,その不安を取り除けば良いのだそうです.私の場合は経済的にやっていけるのだろうか?という不安がいっぱいでしたので,母はその時多少の経済的援助をしてくれました.励ましの言葉もくれたと思いますが自分が情けなく自信が持てないときに人から「だいじょうぶだよ」と言われてもそれを受け取れないと思います.ですから本人が「自分はやっていけるはずだ」と考え方を改めることが必要です.現状がどうであれその気持ちがあとあと現実を変えていきますよ.私の場合は「私が本当にダメなのだろうか?価値がないのだろうか?????いやそんなことはないはずだ」みたいな暗示を毎日自分に言い聞かせていました.そして時間が経つと何とか生きていける状況ができてきました.つづく
Commented by artigana-g at 2007-06-28 08:49
yohcoさん
それと,電車に乗れないとか外出できないと思ったときは,無理やり行動するのです.ドキドキしながらでも一駅ずつ降りてしまってもそれでもやります.(恐怖突入というのだそうですが)恐いと思うことに飛び込む事で,少しずつやれるようになったりします.カウンセラーの先生も勧めていました.yohcoさんはご自分を責めることないですよ.『ツレがうつになりまして』の奥様のようにユーモアを失わずに傍にいてあげるのが良いのではないでしょうか.よくなることをお祈りしています.
Commented by yohco at 2007-06-28 18:29 x
不躾な質問に、丁寧にお答えいただいてありがとうございます!!
そうですか、やはりカウンセリングには行ってらしたのですね。。
少し前は、何故か、どこかに病気があるかも知れない、という恐怖と戦っていたらしく、どこか悪いかもしれない、痛いかもしれない、と言っては、
病院に行っていました。結果、悪い所はどこもないと言われるのですが。
その事が医師不信へつながったのか、最近は病院に行きたがらないんですよ。
カウンセリング。ちょっと打診してみようと思います!
何が不安なのか、分かれば良いのですが・・・。私では無理そうですね。
artigana-gさんのお母様のように優しい包容力は持ち合わせていなくて・・・。残念ですが。。プロに任せるべきなのですね。
それと、恐怖突入、ですか!考えを改めたり、自己暗示をしてみたり、やはり自身の能動的な行動が必要なのですね。少しずつでもサポートできれば、と思いました。ユーモア。なかなか難しいものですね。私も本を買って帰ります。突然でしたのに、本当にありがとうござますm(__)m
Commented by artigana-g at 2007-06-28 22:27
yohcoさん
どう致しまして.参考になさってくだされば幸いです.
Commented by yoyo at 2007-06-30 18:31 x
結婚後あっという間に子供を授かり、やむを得ない事情もあって100%養われる身になりました。
対等にお付合いしていた『彼』が『世帯主』となり、さらに初めての孤独な子育て。
自分が選んだ道とは言え、とめどなく涙が流れる日が増えた時期がありました。
「うつ」と「非うつ」の境目って何だろうと考えたこともあります。
医療機関に飛び込む勇気の有無、診断が下るか否か、というケースも多いと思います。
話は変わって…こういうお写真大好きです♪
タワーですよタワー!
総額おいくら?と一瞬考えてしまう私はやっぱり主婦…(悲)。
Commented by artigana-g at 2007-06-30 21:44
yoyoさん
そうでしたかぁ.精神的なことは,,病院に行くかどうか迷いますね.
でも最近は心療内科も多くなっているし,かなり敷居が低くなった気がします.
病んでいる人が多いのですよね.
話は変わって・・・「総額おいくら?」って考えたんですか~!なるほど.
なんだか新鮮でした^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 空いた時間 VOGUE NIPPON 8月号より >>