<< ご自愛ください 今年も●●●の季節がやってきました☆ >>
VOGUE NIPPON 8月号より
b0055196_23194352.jpg
1959年の美智子さまと1947年のエリザベス女王(当時は王女)

エリザベス女王が16年ぶりにアメリカを訪問されたということで,“クイーンという生き方。”という
特集ページがあり,その続きにある “瀬戸内寂聴が語る クイーンという生き方。”から抜粋


 ・・・・・本当の愛というのは,自分を無にして相手のためにつくすことです.愛は与えるだけで,
お返しを求めない.それなのに,現代では金持ちの男とつき合いたいとかセレブな生活をしたい
とか,そうこうことをもってその男を「愛している」なんて言う.そういうのは愛じゃありません.
それは自分の欲望であって,仏教で言う「渇愛」です.自分のために,自分が欲しいから取ると
いう煩悩.そういう煩悩に執着しているから,自尊心も低くなる.
 現代の女性たちには誇りというものがないのでしょうか.誇りがあればこんな馬鹿なことは
できないとか,この程度のことは許し合ったほうがましだとか思うはずです.でも,本能や欲望の
ままに生きているから,ちょっとしたことで自尊心を傷つけられ,悲惨なところまで自分を貶めて
しまう.・・・・・(中略)・・・・・
生きることは愛することです.もうすべて愛がなければ何をしてもダメです.愛さえあれば,決断や選択を間違ってもいい.愛が浄化してくれますから.人は誰しも生まれながらのクイーンになれなくても,誇り高いクイーンのような品格のある生き方をすることはできると,私は思いますよ.

                             ありがたいお話,,なんかすっきりした. 合掌
by artigana-g | 2007-06-26 23:43 | MODE | Comments(8)
Commented by erialie at 2007-06-27 08:50
キングという生き方ってどんなものだろうか・・と、つい考えてしまいました。
Commented by eriseki at 2007-06-27 10:30 x
素敵な話ですね。
許しあうっていう言葉もいいですね。
VOGUE覗いてみます!
Commented by sarah000329 at 2007-06-27 16:36
自分が欲しいから取る・・・「愛する」という行為も自分が愛して欲しいからというのは根底にあるかもしれません。
無償の愛は、まだまだ私には難しすぎます。
Commented by yoyo at 2007-06-27 17:01 x
これは「男女の」愛、でしょうか。
無償の愛…私には我が子への愛しか思い付きません。
ダンナにはお返しを求めてしまいますね。
「ありがとう」、「大変だったね」、「助かったよ」、…高価な物じゃなくていいんです。
Commented by artigana-g at 2007-06-27 20:11
erialieさん
そうですね~キングのことは書いてありませんでしたけど..
とりあえず最低限『紳士』なのではないでしょうか.
東京では紳士になっていただきたい50歳以上のオジサマが多いです.
Commented by artigana-g at 2007-06-27 20:12
erisekiさん
覗いてみてください.寂聴さんのお話は良かったです.
Commented by artigana-g at 2007-06-27 20:14
sarah000329さん
無償の愛...むずかしいですよね,男女だと.
最近はお金持ちと結婚したいという人が増えているような気がするので
無償の愛はますます難しそうですね.
Commented by artigana-g at 2007-06-27 20:18
yoyoさん
ほんとですね.おかあさんなら無償の愛をあげられますね☆
優しい言葉は大切ですよね.
そういうのはだんだん言わなくなってしまうものなのでしょうか?
名前
URL
削除用パスワード
<< ご自愛ください 今年も●●●の季節がやってきました☆ >>