<< artigana-gのTOKY... CINEMA 『硫黄島からの手紙』 >>
ドレープ
b0055196_2341225.jpg

映画上映前.スクリーンを覆う緞帳..ランチの時間がなかった私と妹は伊勢丹さんの地下で買ったサンドイッチを食べながら上映時間を待っていて正面をただただ見ていて...
私「あのドレープってどうやって作るんだろう?よく出来てるよね~.・大きな曲線で縫うとあんな風になるのかな~?」妹「カーテン屋さんが作ってるんだよね」私「緞帳屋さんっていうのもあるんじゃない?きっと」...部分縫いで試してみたくなった...そのうちにね.
私「始まったらカメラダメなんだよね」妹「そうだよ~」でもバッテリーが赤く点滅し始めていた.
by artigana-g | 2007-01-17 23:29 | 職人 | Comments(4)
Commented by good-bye90s at 2007-01-18 12:05 x
毎回最初なんで遠慮して昨晩うちには書き込まなかったんですが・・
隠居の身で暇をもてあましてます。お付き合い願います。
この興味・・発展性があって今後が楽しみです☆
スケールの変換はおもしろいですもんね・・ワイヤーのトルソーとか・・
私事で(なんでもしてるのね!って言われそうで恐縮ですが・・)
大昔、シアターのバックグランド制作のヘルプをしたことがあります。
毎日ヌーアーク★のスタジオに通って、もの凄く大きな布に海綿などで
ペイントしたりしてました。
そのスタジオでは別のスタッフが映画「カサブランカ」のマネたセットをつくっていたりだとか、そう!スタッフのひとりがイタリア系でたまにパスタのランチをお裾分けしてもらったり☆おいしかった!
それにしても大仕事の繊細なつくりな緞帳ですね!
かなり高価なんでしょうね・・
Commented by eriseki at 2007-01-18 19:02 x
お疲れさまです。
確かに・・・どうなっているのでしょう?
ミニでも作られたら、ぜひUpしてほしいデス☆
Commented by artigana-g at 2007-01-19 08:01
good-bye90sさん
毎回最初でも良いですよ~.構いませんので^^
海綿でペイントですかぁ.面白そうですね.
舞台美術はエネルギーが要りそうだけど,たくさんの人が見てくれるので
エキサイトするお仕事ですね.現場も楽しそう.
私には大きなものは出来そうにもないですが.
この緞帳のお値段,,,考えてもみませんでしたが,おいくらなんでしょうね~?
Commented by artigana-g at 2007-01-19 08:06
erisekiさん
このドレープの作り方,パタンナーさんならすぐにわかりそうなものですけど
自分で理解したい.と思ってしまうのです.布を触って形を作っていくのが
学生の頃から好きなのです.
そして緞帳のミニチュアを作りたいわけではなく,何かどこかに使えたらいいな
と思いました.いろんなテクニックを知っていたほうが良いので.
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gのTOKY... CINEMA 『硫黄島からの手紙』 >>