<< お大事に,最後まで行かないと artigana-gの仕事・175 >>
男的なこだわり
昨晩,TV『情熱大陸』を観た.
今回は アパレルメーカー"green"のデザイナー,大出由紀子さんだった.
大出さんは古着大好きが高じて服を作るようになったのだそうだ.
古いヨーロッパの服から発想する大出さんの服たちは,細部にこだわった真面目な服だった.
素材の糸番手・風合い,デザイン,縫製の仕方,附属(ボタンとか),仕上げ,全て
「良い服を作る」ことに向けて情熱がこもる.
テーラードジャケットがきれいだった.
こういう女のデザイナーは少ない.と思う.そして
私は会社の時の上司F氏を思い出した.F氏もホントに洋服が好きな人で,
大出さんがこだわるのと同じ様な事を日々うるさく語っていた.
私たちは上代が高めのシャツ&ブラウスを作っていたので,素材の吟味はもちろんのこと,
ステッチを3cm間に何針にするかとか,衿の芯はバイアスに裁つのか縦か横か,
裏の始末を袋縫いにするのか折り伏せにするのか,ボタンはどれにするのか,仕上げは,,と
F氏は全てをチェックした.
服が好きな人は服を語れる.あの時いろいろな事を教えてもらった.
今,全く違った商品を作っているが,気の利いた丁寧な仕上げをした小物を
南青山や神宮前のムッシューはいたく気に入ってくださる事がある.
男的.オタク的.
昨晩はF氏に感謝しながら眠った.
by artigana-g | 2006-10-16 08:22 | 職人 | Comments(10)
Commented by hana20031997 at 2006-10-16 09:16 x
こんにちは。
思いのこもった物作りをしたいと思いつつ、そうも行かない職場が多いです。アパレルは顕著かもしれません。サイクルが食べ物並みに早いので、流れに乗る方が大事な様な気がするのでしょうか。
押しつけでない、作り手の思い入れを感じられる服の方が売れる時代なのに、変な話です。売れない在庫を作っている所が沢山あります。
思い入れも、プロのそれ、と、理想ばかりを押し付けるそれ、があって...。買うのは人それぞれですが。
私も、ストーリーがある「物」には財布のひもが緩みがちなのですが、「男的だね」と言われました。うんちく好きな男子と話が合いまする。
Commented by barbara-ann at 2006-10-16 20:32
こんばんは。お久しぶりです。
私も昨日、友人の家で見ました。
greenは好きなブランドのひとつです。
私のいるブランドは、超大量生産で、超低価格なので、
糸の組織から、生地の表情、パターンや仕様面では
こだわりを出すことが、難しいです。
1点1点、丁寧に作りたい自分にとっては、結構しんどいです。
スピードが求められる為、妥協することも良くあります。
その反動で、ウェディングのオーダーをやっているのでしょうか。
Commented by artigana-g at 2006-10-17 08:01
hana20031997さん
greenの大出さんの仕事振りを見て感動しました.
自分に妥協しないでお仕事ができるということは素晴しいですよね.
私もアパレルにいたときは,常に矛盾を感じていました.
売れない在庫,,,悲しい言葉ですネ...

hanaさんも男的だったのですネ☆大出さん的ですね.
こだわりのあるものたくさんお持ちなのでしょうね.
Commented by artigana-g at 2006-10-17 08:16
barbara-annさん
barbaraさんのアパレルも厳しそうですネ.
barbaraさんのような人なら,超低価格の商品を作るブランドではなく,
良い素材を扱うようなところのお仕事をされたほうが良いのでは?と思います.
そのほうがウエディングのお仕事にも役に立つ気がします.
効率とか利益率とか,難しいですけど
大出さんみたいに迷いのない自分を表現してビジネスが成り立つ人もいるわけで
自分も見習いたいなあと思いました.
barbaraさんもやりたい事に向かって頑張ってくださいネ☆☆
Commented by 93-69_show at 2006-10-17 10:17
そういう「すごいこだわり」って、確かに男的ですね。
そんなのわかんないよ~ってトコまでこだわって手を抜かないって言う事。それが出来上がる物の価値を高めるんでしょうね。
私は何事にもツメが甘いので、職人さんには慣れないだろうな~。
いっつもケーキ職人とか男的な仕事をする方に憧れるんだけど…自分にないからなんでしょうね。
Commented by stutiyi at 2006-10-17 19:58
私も見ました。
「こだわり」・・・もちろん作る側の熱意・技術があってこそだけれど、

「シャツ、全部やり直しましたもん」・・・の’経費’も、
販売する商品の価格に含まれてるわけで、
それを含めて「このJKが欲しい・買おう」という価格を認めて下さるお客さまあっての、
その「ものづくり」なんだよなぁ。

と、
現在、農作業をやってて、野菜の価格と自分ちの仕事のやり方に対して感じているジレンマをまた意識しました。

作り手と受け手の 両方が幸せを感じられるものづくりしたいですね。

映ってた縫製工場さん、岡山の「創作屋」さんは、子供の頃の記憶だと、
紳士服の(高級)’テーラー’さんなので、なるほど~~と感銘しきりでした☆
Commented by tiyoro at 2006-10-17 22:11
お久しぶりです。いい仕事をしている人は、どんな職種の人でも
素敵だなと思います。見るTV番組もそれぞれの職種で興味があるものは、違うでしょうけれど、いい仕事をしている人の番組を見るのは
心が動かされます。私は仕事柄、命とか病気とかの番組をみてしまいますが、いい番組を見ると励みになります。
昨日は筋ジストロフィーの人が限られた命の時間の中で自分が生きたという存在を残すために絵を描いているというドキュメンタリーをみて自分の甘さとかを感じてしまいました。お互いに、いろいろな意味で良い仕事が
出来たらいいですね。それがいい生き方につながるんでしょうね。
Commented by artigana-g at 2006-10-18 08:26
93-69_showさん
小さいこだわりの積み重ねが良い商品になるのでしょうね.
昔から職人と言えば男ですよね.
男の人って,やっぱり理屈なんだと思います.感覚でこんな感じというのは許されなくて
もっと細かい事にこだわれる人たちなのだと思うのですが.
私はそこまで細かい人ではないですけど,近づく努力をしています.
93さんも私も女なので,いいんですよ.それで.
Commented by artigana-g at 2006-10-18 08:34
stutiyiさん
農作業ですか.作るのも難しそうですが売るのも難しそうですね.でも
野菜育てたりするのは楽しそう.がんばってください.

縫製工場さん,私も興味がありました.「創作屋」さん.
テーラーの工場だったのですネ!でもそういう工場でしか縫えない感じでしたね.
縫製の良し悪しで全然違った商品になってしまいます.
優秀な工場さんを確保するのは大事なことですネ.
Commented by artigana-g at 2006-10-18 08:39
tiyoroさん
tiyoroさんのところの「紅葉の写真」がきれいだなぁと思いつつ,
コメントを残す余力がなく,,ここでお伝えしておきます☆もうすぐ冬ですね.

ドキュメンタリーは面白いですネ.
取り上げられるだけの濃いものが写っているので,私も好きです.
いろんな人を見て,いろんな事を感じますね.
良いものに感化されたいものです.お互いに頑張りましょうね☆!
名前
URL
削除用パスワード
<< お大事に,最後まで行かないと artigana-gの仕事・175 >>