<< artigana-gの仕事・175 ヨコハイリは勘弁していただきたい >>
artigana-gのTOKYO・62
b0055196_23123014.jpg

ウインドウディスプレイ/オカダヤ_新宿

先週スパンコールをオカダヤさんに買いに行きました.8mmで白のスパンコール,売場にあるのだけでは足りなかったので,取り寄せになりました.入荷するまで1週間かかった.東京でさえ
こんな事なのだから,地方で材料を確保するのは大変だろうなぁと思いました.
というわけで,今朝はオカダヤさんに行ったのですが,ディスプレイされている白いキツネが
気になりました.(白いものは何でも気になる人になってしまったらしいです)
これはいわゆる『キツネの襟巻き』を作るための毛皮ですね.1匹分.
広げるとホントに皮をはがされた.っていう感じのやつです.足とかもついてます.
目や鼻の部分は穴が開いている.
学校の時に毛皮の授業で『キツネの襟巻き』1本作りましたね.
顔の部分なんか,剥製みたいに作るんですね.尻尾も平面になっているのをまた元通りの
フサフサの尻尾に縫い合わせます.足の部分もね.大変なんだけどおもしろかった.
その襟巻き,どこいっちゃったんだろ?だんだん寒くなってきました.あったかくして寝ましょうね.
by artigana-g | 2006-10-14 23:30 | TOKYO | Comments(2)
Commented by fujicream at 2006-10-15 00:39
何かで毛皮作る時は生きたまま剥ぐって聞いた事あるんですけど本当ですか?? ウサギ買ってるくせにファーとか羽飾りとか好きなのでそれ聞いてからものすごく罪悪感が…
Commented by artigana-g at 2006-10-15 08:53
fujicreamさん
生きたまま剥ぐ!怖いですネ.聞いた事はありませんが.
一時期,リアルファーを使わないという風潮もありましたが
フェイクファーよりリアルファーの方が素敵ですよねぇ.やっぱり.
人間って,獣の毛に魅力を感じてしまうようですね.あったかそうだし,キレイだし.
fujicreamさんのように
いろんな事を感じる人がいていいのではないでしょうか.
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gの仕事・175 ヨコハイリは勘弁していただきたい >>