<< 肌寒い毎日です artigana-gのTOKY... >>
悩ましさを抱えながら.手芸部です☆こんにちわ
b0055196_1572654.jpg

(集中力が落ちてきたので...遊びに来ました)

9月末に,『やってみよう!猫の編みぐるみ』というテーマで始めてみたのです..
まず,,全く何もないところから何かを生み出すには,やはり最初に「絵」が必要ですよね.
設計図といいますか.それで“はっちゃん”の写真集などをチラチラ見ながら自分なりネコの
スケッチを描いてみました.結果おなかが太っている猫になりました.
そしてシルクモヘアという糸が3玉あったので,編みぐるみの本を参考に編み始めたのでした☆
そこへ,,ありがたいお仕事が山のように来てしまい,手芸部のドアは閉ざされてしまいました.
ぁぁいつになったら完成するのでしょう.こういうものは「勢い」が必要なんですよね.



b0055196_15152019.jpg
お隣のマンションから私を見上げている...こんなお近くにいたのですね.(盗撮が住人にばれてしまったのか,昨日も今日もこの窓が開かなくなってしまいました...残念)
by artigana-g | 2006-10-04 15:23 | 手芸部 | Comments(16)
Commented by azusak at 2006-10-04 20:14
ねこですか~♪
完成を楽しみにしています♪わくわく♪
Commented by tiyoro at 2006-10-04 22:21
まってたので~す。猫ちゃんの作品。
楽しみだな~。なんて、、、私が注文した人ではないのですが
できあがった作品を見てみたいのです。楽しみにしてま~す。
Commented by artigana-g at 2006-10-05 08:36
azusakさん
いつになるかワカリマセンが,首を長くして待っててください☆
だらんとだらしないネコになる予定です.
Commented by artigana-g at 2006-10-05 08:38
tiyoroさん
tiyoroさんちのネコも参考にさせていただきました.
全くブライダルと関係のない私物からやってみることにしました.
その出来具合によって,ブライダルの商品を考えようかと思います.
出来上がったらもちろんupします☆かなりあとになると思いますが..
Commented by 4seasons-kurumi at 2006-10-05 12:30
うを~!!楽しみです^^
オッドアイでしょうか?
昔、可愛がっていた大型の白猫は「菊次郎」という名前でした。
今も、彼を抱いた時のずっしりとした感触が腕に残っていて、このページを開いた瞬間「あ・・・!」と声が漏れました。
中世の魔女狩りが行われていた時代、オッドアイの猫は魔女の遣いだと恐れられ、迫害された時期があったそうです。
Commented by タッド at 2006-10-05 19:47 x
このネコに着彩するとウォーホールのネコが飛び出しそうです!
私は大のネコ好きで学生時代からのつきあい(・・・って、その頃のネコが生きているわけではない・・・) お散歩ネコとして有名でした。ふだんは野良ちゃんで私が帰宅して口笛を吹くとどこからともなく現れる。その要領で買い物も行けちゃう。そして子供ができると置いて去る。その中の母親似のネコだけまた寄りつき・・・てな具合で学生時代3代に渡ってつきあってました。NYにいた頃は黒ネコの「ラッキー」。最近また野良をアパートの玄関口で世話してます。  長!書き込みが長いのもマナー違反って友達に注意されたばかりです 泣
Commented by igu-kun at 2006-10-05 22:47
とても上品な色合いの糸ですね。
綺麗なネコの編みぐるみができそうですね。
お隣から見上げているネコも可愛いです。
ネコ好きとしてはこの視線、堪りませんです。
Commented by artigana-g at 2006-10-05 23:17
4seasons-kurumiさん
オッドアイとは,ネコの種類ですか?白いネコ,かわいいですよね.
魔女の遣いですか.可愛そうに.
私はネコ飼ったことがないのですが,皆さんの写真を見たりしているうちに
なんとなくネコ,好きになってきたような気がします.
Commented by artigana-g at 2006-10-05 23:26
タッドさん
タッドさんもネコ好きなのですかぁ.ネコに好かれるタイプですネ?
黒猫もカッコイイですね.ニューヨークに似合う感じがします.

書き込み長くても全然構いません.お気になさらずに.
Commented by artigana-g at 2006-10-05 23:29
igu-kunさん
コメントありがとうございます☆
この糸は8割がシルクなので,光沢があってアイボリーが上品です.
皆さんの期待にお応えして是非完成させたいです.

私が朝,窓を開けたとたんにお隣のネコにじ~っと見つめられてしまったので
思わずカメラ持って来ました.待っててくれて良かったです.
Commented by 4seasons-kurumi at 2006-10-05 23:39
「オッドアイ」というのは片目が金色、もう片方が青い目をした猫のことです。
白猫に何割かの確率であらわれる現象らしいです。
もともと白い色というのは遺伝子的には劣性遺伝なのだそうで この類の猫ちゃんはあまり声が出ない・・とも聞いたことがあります。
菊次郎も「ニャ~ン」とは鳴きませんでした。
オッドアイの猫・・・神秘的でとても素敵なのです。
Commented by artigana-g at 2006-10-05 23:42
4seasons-kurumiさん
解説,ありがとうございました.そうなんですかぁ.
じゃあこのネコの目はその色にしちゃおうかな☆カッコイイと思います!
実際にいるのでしょうか...いたら写真撮りたいナ.
Commented by eimy24 at 2006-10-06 21:44
まあ、ついにartiganaさんのブログに猫が登場!
ウチのはちょっとおつむが甘いコばかりですが、
こちらのネコさんはおりこうそうですね^^
私は通院してるクリニックの近くの窓に時々ネコさんがいて、
会えるのを楽しみにしています。
オッド・アイのネコさん、ムスコが昔拾ってきて、
今はご近所の飼い猫です。真っ白の美人です。
Commented at 2006-10-06 21:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by artigana-g at 2006-10-07 09:16
eimy24さん
ホントですネ.たまに場違いなものが出てくるかもしれません.
ネコ好きの方は,ネコを見つけるのがうまいのですよね?
私は最近ご近所でネコ見ていないのですが...
ネコの知識がないので,皆さんに教えていただけて,嬉しかったです.
Commented by artigana-g at 2006-10-07 09:17
鍵コメントさん
どうもありがとうございました☆
名前
URL
削除用パスワード
<< 肌寒い毎日です artigana-gのTOKY... >>