<< 本番スタート artigana-gのTOKY... >>
懐かしさがいっぱい
b0055196_23364094.jpg

朝から予告ナシのドレスが届いてしまったので,一日がかりで刺繍を仕上げたところです.
ふう..
刺繍をしながら懐かしいメロディを聴いていましたが,それを聴いていた時のことを
思い出したりして,いい事も悪い事も思い出したりして,良くなかったかな~.
お仕事の辛さを和らげてはくれたのですが..音楽って思い出とつながってしまいますよね.
 人間の,一番記憶に残りやすいのは「場所」.というのを聞いた事があります.「音」よりも.
何か生き残ろうとする本能とつながっているらしいのです.
CASA BRUTUS に載っていた仙川..仙川時代のこともちらちら思い出してしまいました.
夕方,妹が来たので写真を見せると「懐かしいね~,こんなになってるの??行ってみようか?」と言うので今度恐る恐る行ってみようと思います.
by artigana-g | 2006-09-20 23:58 | 職人 | Comments(3)
Commented by yasukichi-go at 2006-09-24 00:24
その気持ちわかります!
思い出って「見た記憶」より「聞いた記憶」「香りの記憶」の方が
ずしーんと来るような気がします☆

恐る恐る・・・なんだか笑えました(^^)頑張って行ってみて下さい(笑)
Commented by artigana-g at 2006-09-24 23:42
yasukichi-goさん
思い出って思い出したい思い出と思い出したくない思い出がありますよね.
それが一遍に出てくると複雑な気持ちです.
仙川もそんな場所ですネェ.
お引越しの時,もう一生来ないだろうと思ったのに..でも行ってみます☆
Commented by through_leaves at 2006-10-03 13:44
「場所」----確かに!
人嫌いの私は、いつも移住する先々の「土地」や「建物」から
感銘を受けるんですが、どうにも「ひと」にはふがいなさを感じます

でも、生き残ろうとする本能とのつながりについては?かな
こんど時間のあるときにでも解説お願いします
名前
URL
削除用パスワード
<< 本番スタート artigana-gのTOKY... >>