<< artigana-gのTOKYO・4 多忙な日々を乗り切る方法 >>
artigana-gの仕事・74
b0055196_1335959.jpg

アイビーの髪飾り.金糸の入ったリバーレースで.頭のサイドのほうにフィットするように付ける.
by artigana-g | 2005-10-19 13:08 | 仕事 | Comments(10)
Commented by 93-69_show at 2005-10-19 17:19
お疲れまです。いつも素敵なお仕事をなさっていますね。
ボンネに多いように思うのですが、artigana-gさんが作る
こういうレースが張り付いたような?透けてる飾りがとても好きです。
クラシカルで美しい上品さだと思います。
でもこれって、材料は何でできてるんでしょう??
ビーズとか羽とかは写真で拝見してもすぐわかるんですけど。(当たり前ですね)
企業秘密でなければ教えてくださいm(_ _)m
Commented by hryouryou1212 at 2005-10-19 22:21
カ〜リ〜ヘアの方や、ショートボブの人に似合いそう!
オードリーを連想しましたー。秋だからなのかなぁ、葉っぱの形、可愛いですねぇ。
Commented by artigana-g at 2005-10-19 22:55
93-69_showさん
どうもありがとうございます☆
透けているのは,だいたいオーガンジーとかレースを使っているものです.
モチーフの形はワイヤーで作って,そこに生地をボタンホールステッチで留めていきます.
あるお店に提案したら評判が良かったので,他のところでもアレンジで出しています.
軽く出来上がるのがいいですネ.
お陰様でボタンホールステッチは上手になりましたネ.
だいたいおわかりいただけましたか?
Commented by artigana-g at 2005-10-19 23:01
hryouryou1212さん
これ,実際につけてみたほうがとってもいいんですけど・・・モデルがいないので.
かなりモダンな感じになりますデス.
アイビーの葉というのは,(詳しいことはわからないですが)
ブライダルのモチーフとして人気ありますネ.何か由縁があるのかもしれません.
どんな方にもお似合いです.
Commented by eimy24 at 2005-10-20 01:03
ワイヤにボタンホールステッチで?
手でつけるんですね。
細やかなお仕事で、いつもながら感心します。^^
耳の辺りを隠すようにつけたらステキ、なんて勝手な想像です(笑)。
Commented by artigana-g at 2005-10-20 08:30
eimy24さん
デスデス.
ボタンホールステッチで留めてから余分な生地をカットしますとこうなります.
美大出の人だと,接着剤を使うのって平気みたいなのですが,
専門学校出だと,どうしても針と糸を使ってしまいますね.接着剤って抵抗あります.
それと接着剤はシルクの場合,シミになる事があって,
繊維がほどけないようにするために使うとか,少し使い方が違いますね.

ヘアアクセサリーはヘアスタイルによっていろいろ使えます.
私も雑誌が出てから「ふ~ん,こんな風につけるんだぁ」と思うこともしばしばありますよ.
Commented by 93-69_show at 2005-10-20 10:30
ありがとうございます!
長年の?なぞが解けました!!
一つ一つ手でつけているんですね~。細かい作業で。
時間がかかりそうなのに、凄い仕事量ですね。
ぜひともつけている所も見てみたいです!
Commented by artigana-g at 2005-10-20 22:45
93-69_showさん
時間かかりますね.でもそういうことがほかとは違う味になります.
そういうものを意識的にやってます.差別化ってやつ?ですか.
私もつけているところを見てみたいです!(自分にしてみたのは見ましたけどね)
これはレンタル商品なので雑誌とかには載らないと思うんですよ,,,
残念ながら.
Commented by epha at 2005-10-22 03:38
私もオードリーを想像してしまいました。私がしても似合わないだろうなぁ。こういう繊細なものが好きなのに、容姿がジャイ子。報われません。
Commented by artigana-g at 2005-10-22 09:02
ephaさん
オードリーの印象ってほんとに偉大ですね.
花嫁からよく「オードリーのように」というお話出てくるので.

ephaさんが似合わないと思っていても,メイクとかヘアスタイルとかドレスも着て
ブライダル仕様になると似合ってしまったりするかもですよ.
もし勧められたら試してみてください☆
名前
URL
削除用パスワード
<< artigana-gのTOKYO・4 多忙な日々を乗り切る方法 >>