<< 昨日の現場 本日の現場 >>
昨日の現場
b0055196_09064901.jpg

図書館に本を借りる件ですが,昨年の7月・8月にリクエストしている本は予約した段階で貸出を待っていた人が(どちらの本も)80人くらいいたので未だ貸出にはならず,,辛抱強く待っています.札幌市図書館は人気のある本を買い足したりはしないのでしょう.それをじっと待つ人の多さ!に驚きますが,私もそのひとり..はは
そして昨日,図書館のHPを開いたときに又吉さんの『火花』などはどうなっているのかなぁと見てみると,待っている人たちが1261人★いました. 文庫も出たのに.

by artigana-g | 2017-04-06 09:18 | 職人 | Comments(2)
Commented by Degasdegas at 2017-04-07 22:13
おもしろいところに着眼しましたね;)
世の中にはこういうことばかりですよね£
火花などは、ブックオフにようなところで100円くらいではないでしょうか?
でも、きっと読み終わった後に手元に置きたくないにかも...
すると、ついでに、そんなで、予期せずに自分の番が来た人って、辞退するとか、あるいは、何日間くらい借りるんでしょうね?延長はできないのかな?
話は変わりますが、こういう行動とか、現象について、学生時代に疑問に思っていれば、研究室に残れた気がします。いや、残りたかった。今となっては。若い頃の方が、何でも受け入れられたように思います。あるいは、あまり疑問に持たないというか、、、今、偶然にも、「何故、good は、better best で、gooder goodestではないのかをネットで調べていたところです。「ネット」…
私の若い頃に欲しかった!
Commented by artigana-g at 2017-04-08 09:07
Degasdegasさん
コメントありがとうございます.
そうそう,本を手元に置きたくないという気持ちはわかります.何でも所有しないというほうが今どきですね.でも本って存在が良いモノだと思います.
貸出のキャンセルや延長は希望すればできます.なのでいつ自分の番がくるのか測りかねます;;誰よりも早く読みたい!とも思わないところが若くないのかもしれませんね.
こんな風にしている人たちがいる,ということがわかるだけでもとても面白いと思います.
名前
URL
削除用パスワード
<< 昨日の現場 本日の現場 >>