<< 本日の現場 本日の現場 >>
本日の現場
b0055196_22105396.jpg


先日コメントをいただいた梅太郎さんオススメの『カラスの教科書』を読んでみよう☆と思って
札幌の図書館の「貸出券」というのを作り(こちらに来てから図書館を利用したことがなかったので)リクエストしましたところ,札幌市の図書館に7冊あるらしい『カラスの教科書』がすべて貸出状態に★なっていました.すごい.話題の本なのでしょうか.それで今待っているところです.
待たされるのもちょっと楽しい気分です.しかし20日に向けて何かと忙しい.
by artigana-g | 2016-07-06 22:18 | 職人 | Comments(4)
Commented by タッド at 2016-07-07 13:07 x
実は私も持っています。最近になって単行本にもなりましたよ。私も国立公園でバイトしていた時に、カラスについて知ろうと思い買いました。まずは会話を試みたりしましたよ:) 本気で、、、パターンを真似て、結構最初はカラスも勘違いしたのか、、、ところが一度ばれると、どうやら仲間のなかで私のことが知れ渡ったのか、その後は険悪なムードになりましたねw この本でもそうですが、結局動物のことを知るのは無理です。森の中で鹿と鳩が会話をしているのを見たことがあります(信用しないでしょ?)。ああ、鹿と鳩は共通の言語を持っているんだって、、、その時は思いました。まぁ、逃げる逃げないくらいの関係かも知れませんけど、、、「魚は痛みを感じるか}という本を以前に読みましたが、その中で著者が、「私たちは、動物について知れば知るほど、実は何ひとつ知らないことに気がつく」というのがありました。つまりそういうことですね。人間同士ですら相手の気持ちを察することは難しいのに、、、無駄な事とは決して言いませんけど、こういう学者って、いったい、何がわかるのだろう?って思うことがあります。この本に関しても、知ろうとする(特にカラスは嫌われモノという感じですから)ことは大事というのはわかるけど、何ひとつカラスの行動について根拠がないので、途中で読み進んでません:(
Commented by artigana-g at 2016-07-07 22:11
タッドさん
楽しいお話聞かせていただきうれしいです.ありがとうございます.
そうでしたか.お持ちだったのですね☆ まだ本が届いていませんのであまりお話はできませんが,タッドさんのそういう気持ちうなづけます.本当のことはわからないのでしょうね.ますます早く読んでみたくなりました^^
Commented at 2016-07-08 12:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by artigana-g at 2016-07-08 22:17
鍵コメントさん
この本は人気があり,まだ手元には届きません.読んだら感想を書こうと思います.ありがとうございます.
名前
URL
削除用パスワード
<< 本日の現場 本日の現場 >>