<< 「師匠」 artigana-gの仕事・14 >>
ふたりでつまむ
今朝,お電話しました.
「○○○さ~ん.銀座のお店はいかがでしたかぁ?」
「とっても可愛かったデス!あと二つ,よろしくお願いします!」

今日は銀座のお店のためのふたつ目のオブジェ,「4段のケーキ」を作っているところです.
でも今朝やっと始めたところなんですけどね.

昨日は他のお店からドレスが届きまして
トップはレースのビスチエ,ボトムはボリュームのあるスカートでした.
そのスカートは,ところどころつまんで,不規則なふくらみをたくさん出してあるものでした.
そのふくらみの垂れたところにスパンコールを飛ばすのです.

そういうデザインのスカートは昔からよくあるのですが,
今回のは花嫁・花婿が仮縫いの段階で,おふたりでトワルをつまんで
この「不規則なふくらみ」を作った.のだそうです.
お店の方は「おふたりの愛のつまみ」とおっしゃってて,笑えました.

しかし,おふたりが適当にやってもパターン上の問題が出てくるので
あとでお店のほうで,調整したようですが.

こういう刺繍の場合は,ボディに着せないと全く良くわからないので
私はあまりやらないのですが,ボディにスカートだけはかせて
床に座り込んだり,膝立ちになったり,立ったりしながらスパンコールを付けていきました.
なかなかたいへん.でも終わりましたヨ.

それにしても,最近は「彼」が花嫁のドレスのデザインに一緒に参加したい.
という傾向ですネ.多いですネ.
きっと結婚式のパーティでは,司会の方が「おふたりの愛のつまみ」をご紹介するのだワ.
楽しそうですね.
by artigana-g | 2005-04-22 21:00 | 職人 | Comments(2)
Commented by sarah000329 at 2005-04-22 23:11
(#^m^#) 可愛いですね。
当日初めて花嫁姿を見て感動するのも いいけど、二人で選ぶのも
楽しいでしょうね。
前もってわかっていても、当日のあの美しさは格別ですものね。
Commented by artigana-g at 2005-04-23 08:26
sarah000329さん
おふたりでトワルをいじって,デザインを決める.というのは珍しいことです.
私もちょっとビックリしました.だからちょっと完成度低いかな,,,と
思っても,おふたりが気に入っていらっしゃるならこれでいいかと
思いながら刺繍してました.末永くお幸せになって欲しいものです.
名前
URL
削除用パスワード
<< 「師匠」 artigana-gの仕事・14 >>