<< 本日の現場 本日の現場 >>
『真珠の世界史』
b0055196_22192412.jpg


『真珠の世界史 富と野望の五千年』
山田篤美著
中央公論新社


    中公新書・今月の新刊,の一冊.以下,帯より

     古来、真珠は高価な宝石で、貴重な交易品だった。『魏志倭人伝』は邪馬台国の大量の真珠に
     ついて記し、マルコ・ポーロやコロンブスは日本の真珠に憧れた。
     新大陸で新たな産地が発見されると、一大ブームが巻き起こる。そして二十世紀初め、
     価格を吊り上げていたカルティエやティファニーに衝撃を与えたのが、日本の養殖真珠だった。
     こうして真珠王国日本が誕生する。本書は誰も書かなかった交易品としての真珠史である。

   本文には志摩のうどん屋の息子だったという御木本(ミキモト)さんがでてきます.
   世界が熱狂した最古の宝石の歴史,とても興味深い.
by artigana-g | 2013-08-27 22:37 | 職人 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 本日の現場 本日の現場 >>