<< お買いもの 展示会に伺う >>
モードは繰り返す
b0055196_2344249.jpg


    展示会の時の課題を進めるため,スケッチをたくさん描いた.線を描くのは楽しい.でも商品の形を
    出すのは難しい.

    ↑ LOUIS VUITTON の広告が市松模様だ.これと似たようなイラストを学生の時に描いたことが
    あって,校内のイラスト展に展示され,それを見た基礎課程の時の担任の先生が
    「展覧会が終わったら私に譲って」とおっしゃったので,パネルをそのままその先生に差し上げました.
    どんな絵だったのかもう一度見たい.先生はお元気だろうか.パネルはまだどこかにあるのだろうか.
    でも見たらがっかりするような気がする.忘れるのはいいことだ.先生ありがとうございました.
by artigana-g | 2013-02-21 23:55 | 職人 | Comments(3)
Commented by タッド at 2013-02-23 00:12 x
わかるなぁ~、、、私もそんなものが2つありますね。ひとつは中学生の美術の授業で、木彫だったんですけど、ラファエロの「小椅子の聖母」という絵を立体で彫ったもので、先生が何かの展覧会に出品したままになっていた。。。もうひとつは高校の同じく美術で、レコード(?!)ジャケットという課題で、ジャクソンブラウンの「プリテンダー」?だったけ、でなんか描いたんだけど、、、なんか、その後も何度か、同じような構図を使用した記憶があるけど、そのもの自体は先生が「くれ!」って言うんで、あげてしまった。。。でも、いまみれば、どちらも大したことないという、そういう話、わかるなぁ~、、、
 どうです?やはりその時のものって、いまでもベースにあったりしますか?それとも、きっぱり路線が変わっている?でも、好きなものって、そうそう変わらないですよね?
Commented by degasdegas at 2013-02-23 00:25 x
なんか、今日はねちねちとしゃべりたい日?
―で、ついでに言うと、結構、自分が描いたり、アイデアだったりが、メジャーな雑誌やら、商品やら、お菓子やら、お笑いのネタだったり、流行になっていたりして、「ええっ、パクられたぁ~?」って思うことありませんか?・・・でね、きっと、人の考えることって、そうそう変わらない。発表する場を持っているか、の違いくらいで、、、と思っていたら、そういうのをシンクロという現象で説明がつくという発想で「SYNC(シンク)」スティーヴン・ストロガッツ(著)を書いた人がいるのね...でも、おもしろくなくて、読み進んでいないので、よかったら貸しますよ! 爆)
Commented by artigana-g at 2013-02-23 09:53
タッドさん
コメントありがとうございます.
高校の美術の課題が「レコードジャケット」!しびれますね.私も美術を専攻していましたがそんなしゃれた課題は全くなかったです.でもタッドさんの作ったそのジャケットはきっと素敵だったのだろうと思います.
好きなものはほぼ変わりませんね.許容量は増えたと思います.
そうそう,人が考えることってどこかが同じなのでしょうね.
名前
URL
削除用パスワード
<< お買いもの 展示会に伺う >>