<< 本日の現場 本日の現場 >>
すごく気になる☆↓
b0055196_23144047.jpg


アンセロール・ミタル・オービット と呼ばれるこのタワーは、インド生まれのアーティストであるアニッシュ・カプーアとスリランカ生まれの構造デザイナー、セシル・バルモンドの共同作業によって生み出された。(※VOGUE JAPANの記事より)

    もうすぐですね!ドラマが観たい.
by artigana-g | 2012-07-24 23:25 | デザイン | Comments(6)
Commented by eriarie at 2012-07-26 11:43
自分的には、「パリ万博」に近いノスタルジックな感じがします^^;。
そもそも、なんでしょうね。これ。
Commented by cappu at 2012-07-26 21:19 x
TVに時々映るので~気になっていました。
すごい形ですね~!バランスデザインが凄いです!っていうか、わけわかりません。
あ、もう明日ですね!今朝はずーっとなでしこ応援して、それから日帰りバス旅に出かけました^^;
Commented by artigana-g at 2012-07-27 09:24
eriarieさん
不思議な形ですね.日本人ではこのような形は現れないような気がします.
この展望台に上ることができるようです.
「オービットは参加型アートのひとつで,観客がそのまま入り,自分を投影すると同時に投影されるというアートだ」という解説があるのですが,意味がよくわかりません^^;
Commented by artigana-g at 2012-07-27 09:27
cappuさん
これはオリンピックには関係ないものかもしれませんね.テレビで解説されないですね.
私はここに聖火がともるのかと思いましたが? 
開会式楽しみです.北京の感動を上回ってほしいです.
Commented by リディック at 2012-08-05 08:02 x
コレコレ、気になってます。最初新しいジェットコースターかと思いました。イギリス領だったからインド系のアーティストとかいるんでしょうね。スリランカのひとと作るなんて、なんだか、建築も五輪的意識なんですかね。どんなところから発想のイメージがあるのか知りたいですね。
Commented by artigana-g at 2012-08-06 00:00
リディックさん
ジェットコースターではないようですね.スカイツリーのように登るようですが.
テレビでもっと解説してほしいなと思いますね.ずいぶん映っていますよね.
名前
URL
削除用パスワード
<< 本日の現場 本日の現場 >>