<< 祝日の現場 本日の現場 >>
裏方の手帳より 2010
● 苦しみだけが人に自覚を持たせる  (ドストエフスキー)

● 本当に勝ちたいと思うなら、限界だと思うところの安全装置を外すんです (スビンダル)

● 私を殺さない限り、私はますます強くなる (ニーチェ)

● アタマは低く、アンテナは高く (鈴木三郎助 味の素創業者)

● 人間にはいかに円くとも、どこかに角がなければならぬ (渋沢栄一)

● 外見と中身を分けて考える人がいるが、外見は一番外側の中身なんです (天野祐吉)

● 「価格」は見えますが、「価値」は見える人にしか見えません (福原義春)

● 昨日作ったものよりもう一ついいものを作ろうとする職人の心意気を持て (福原義春)

● 人は愛せないものに囲まれていると悲しい気分になる (VOGUE(N)より)

● 服のタグに1枚1枚拇印を押してまでコピー商品撲滅に執念を燃やしたマドレーヌ・ヴィオネ
     「本物はコピーされる運命にある」と言い切ったココ・シャネル (VOGUE(N)より)

● 授かった命を謳歌したい (椎名林檎)

● カイコのような人だ (私のことを母が言った)

● 刺される生地の気持ちになって、なるべく痛くないように刺してあげるのが
 刺繍を美しく仕上げる基本の第一歩です  (猫島氏
by artigana-g | 2010-12-22 09:51 | 職人 | Comments(14)
Commented by littlegarden6 at 2010-12-22 10:38
ステキな言葉ばかりですね。
いくつか私も手帳に書いて持ち歩くことにします。
忘れないように…
Commented by cappu at 2010-12-22 14:24 x
1年の素敵な言葉を~また書き留めるのも素敵なことですよね♪
カイコのようなartigana-gさんに私は~毎日桑の葉を見つけてコーナーに置いておきますね。
お母様の素敵な言葉だと思います。
jinanが小学生の時学校で育てたカイコをもらってきたので、一緒に育てた経験があります^^;
Commented by ykm94731 at 2010-12-22 21:00
カイコのようなっての、面白いですね~。
いろいろ想像出来ますが、どう解釈するんでしょう?(笑)
感心しながら読んでいたら・・・掲載ありがとうございます。
Commented by fujicream at 2010-12-22 22:37 x
artigana-gさんが絵本を作ったら、素敵だろうなーと下のダンドリをみて思いました。ぜひぜひいつか♥
Commented by タッド at 2010-12-22 23:41 x
年末の恒例として、「流行語大賞」より楽しみしていました☆
~待ってました!
―それとなく、今年の一年を終えるartigana-gさんの傾向が見て取れるような気がします。。。
Commented by yokonariko at 2010-12-23 00:04
心に残った言葉を手帳に書き留めておくって、とっても素敵な習慣ですね☆ 私も来年の手帳からはじめます。
↓の記事のダンドリ、私も共感です。うまいぐあいにぴたっとことを運ぶことができると気持ちよいですよね。でもなかなかうまくゆくことは多くなく。緑色のダンドリって名前の小鳥ちゃんかな?
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:16
littegarden6さん
今年はそれ程書き留めなかったような気がしていたのですが
それなりにありましたね.
書く場所(そのための手帳)があれば,不思議と書きたくなるものです.
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:20
cappuさん
母は・・「カイコ」と言ったのを覚えていないようでした(@_@;).
カイコを育てたんですか☆私もやってみたい.絹糸を吐いていたのですか?
それを見てみたいです.
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:23
ykm94731さん
カイコみたい,というのは
ひとりで閉じこもって寡黙に仕事をしている状態を指していると理解しておりますが..
ykm94731さんのお言葉,ドレスの刺繍をするときに思い出しています.
こちらこそありがとうございます.
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:25
fujicreamさん
ダンドリのこと,ありがとうございます.しかし,あれはらくがきもいいところです.
画面に色がないなーと思ってざざっと描いたもので,絵本など..
精神を病むようなことがあればすごいのができそうと思っていますが.
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:30
タッドさん
そんなに楽しみにしてくださっていたなんて..恥ずかしいですがありがとうございます.
でも真面目すぎるので
来年は,B面 or B級 or 裏バージョンをご用意したいです.
  例「アキナッチ カジリッチ ザクリッチ」
みたいな.
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:33
yokonarikoさん
その時の心境で選ぶ言葉も違ってきますので続けるとおもしろいかもしれません.

yokonarikoさんも時間に追われるお仕事だと思いますので,そいうの大事ですよね.
私のスケジュールは流動的で毎日見直しという感じです.
まだお忙しいのでしょうか?がんばってください.
Commented by cappu at 2010-12-23 23:35 x
ホントはあまり~青虫でも飛び上がるほどニガテナ私なので、ジーッとは見ていませんでしたが
絹糸を吐いて白く線が付いていました。
知らないうちに小さい繭玉が出来上がっていてビックリでした^^;
Commented by artigana-g at 2010-12-23 23:44
cappuさん
そうでしたかぁ.私も実際に飼うとなるとちょっと怖いのかもしれませんが
生命の不思議をこの目で見たいです.テレビで繭を煮るところを見たことがありますが,あれちょっと抵抗がありました.シルクを使っている人が言うことではないですけど.
蝶がさなぎから出る瞬間とか,セミが殻から出る瞬間とかも見てみたいです.
名前
URL
削除用パスワード
<< 祝日の現場 本日の現場 >>