<< 爽やかな6月 5月末日 >>
artigana-gのTOKYO・208
b0055196_23541380.jpg

旧岩崎邸_池之端


    明治29年(1896)にジョサイア・コンドルの設計により完成した。
    明治期の上層階級の邸宅を代表する西洋木造建築。17世紀の英国ジャコビアン様式を基調に、
    ルネサンスやイスラム風のモティーフなどが採り入れられている。
    第二次世界大戦後、国有財産となり、最高裁判所司法研修所等として利用された。
    平成6年(1994)に文化庁の所管となり、平成13年(2001)に東京都の管理となる。重要文化財。
                                                旧岩崎邸庭園パンフレットより


    美しい建物です.中も贅沢.素晴らしいです.感動です☆ イギリス人のジョサイア・コンドルは鹿鳴館・
    上野博物館・ニコライ堂など多くの洋風建築を設計した建築家だそうです.
    あの『龍馬伝』の,貧乏だった岩崎弥太郎がどうやってこのお屋敷の主になったのか??
    とても気になりました.年末まで楽しみが続く.
by artigana-g | 2010-06-02 00:04 | TOKYO | Comments(2)
Commented by do-loop at 2010-06-02 21:31
一瞬、ハワイのホテルのように見えました!
岩崎邸って、岩崎弥太郎のお屋敷だったのですねー知らなかった。
私も今の状態からどうやって財閥築きあげるのか、そちらが気になって
めずらしく大河ドラマを見ています。
Commented by artigana-g at 2010-06-02 23:57
do-loopさん
私もめずらしく大河ドラマを欠かさず見ています.
それでちょっと興味が湧いたので行ってみました.ほんとに素敵な豪邸でした.
写真を撮り忘れましたが,門のところに三菱のマークの由来を説明している看板があります.
土佐のお殿様の紋も関係があったのですねぇぇ.
売店に売っていた岩崎弥太郎の伝記を読んでみたくなりました.
名前
URL
削除用パスワード
<< 爽やかな6月 5月末日 >>