<< 昨日の続き artigana-gの仕事・353 >>
初夏のような日だったのだが
b0055196_231156.jpg


   次のお仕事のために仕事場を片付けていて,そのまま読書へと..
   『フリーエージェント社会の到来 「雇われない生き方」は何を変えるか』 を読みました.

   アメリカでは 個人が会社に忠誠を誓い,会社が個人に安定を保障するという時代は終わり,
   自由に自分らしく働きたいというフリーランスの人たちが増えている.3300万人もいるらしい.
   フリーで働く人たちをサポートするさまざまな業種も現れ,ネットワークも次々と生まれる.
   すべての人がうまくいっているのではないのかもしれない.税制,社会保障,保険の問題もあるらしい.

   「これからは、もっと多くの人が独立を宣言し、仕事でも私生活でも、自分の運命を自分の手で
    切り開くようになる。道は、平坦ではないかもしれない。・・・それでも、自発的な決断であるにせよ、
    意に反するものであるにせよ、ますます多くの人が画一性という衣を脱ぎ捨て、他人に指図される生活
    から脱却し、自分の能力を存分に発揮するようになるだろう。」と著者は語っています.

   私の場合は自発的な決断でもなく,成り行きまかせというか選択肢がなかったというか..
   日本でもアメリカと同じような状況が起こっていくのだろうか.もうすでにそうなっているのだろうか.
   ネットをぐるぐるしているうちに,そうだ名刺を新しくしたいのだった,,ということで名刺のサイトにはまる.
     
   
by artigana-g | 2010-05-18 00:09 | 職人 | Comments(5)
Commented by elielie at 2010-05-18 02:41
透明な材質のカードに文字が書いてある名刺を貰ったことがあります。
Commented by artigana-g at 2010-05-18 10:02
elielieさん
透明ですかあ,斬新です.でも目立たなくて逆効果なのでは?
グラフィックデザイナーさんに「フリーで仕事をするなら普通の感じではなくて個性的なものにするほうがいい」と言われましたので,今の名刺は桜吹雪の柄です.気に入っていますが,そろそろ変えたほうがいいのではと思っています.
elielieさんの名刺,,,個性的なのではないでしょうか.
Commented by yokonariko at 2010-05-18 20:59
教えていただいたこの本、今読んでる途中です。あともう少しで読み終わるところですが、面白いですね~。米国でこんな動きになっているとは、知らなかったのですが、米国での動きは、遅れて日本に入ってくることが多いので、もしかしたら日本でもこんな展開になる日がくるかも、とわくわくしながら読んでいます。

国民性の違いがあるので、そのままではなく形を変えて、なのかもしれないけれど、流れとしては遠くない将来、そんな社会がやってくる気がします。

昨日テレビ東京で放送されたカンブリア宮殿で、社員のひとりひとりが自営業のような社長のような立ち位置で仕事をなさって、成長している会社の紹介がありました。若い社員のみなさんのいきいきとした笑顔が光っていました。日本にフリーエージェント社会が入ってくるとしたら、まずはこんな風にかなーなんてテレビを見ながら思いました。

つづく

Commented by yokonariko at 2010-05-18 21:00
上のコメントのつづき

私の身に置き換えても、たくさん共感できる箇所があり、またこれからの展開についてもヒントをたくさんいただいた、為になるお話がいっぱいでした☆ ビジネス書って、ほとんど読むことがない種類のものなのですが、面白いです。今後、自分がどうしたらよいのか、いろいろ考えちゃいます~(^^) 長々としたコメント、すみませんー
Commented by artigana-g at 2010-05-19 00:07
yokonarikoさん
コメントありがとうございます.
私はアメリカ人も(少し前までは)日本と同じように終身雇用の職場を選ぶ安定志向だったのが意外でした.アメリカが先で日本がそれをお手本にしていたのですねぇ.
いろいろな働き方で,みんなが生き生きとしている社会がいいですね.
名前
URL
削除用パスワード
<< 昨日の続き artigana-gの仕事・353 >>