<< 本日,ドールショウ プロジェクトDの,続き >>
今日も引き続き・・・
b0055196_2338864.jpg


  商品企画としてはラインナップがなっていないが,とりあえず3タイプを考えました.
  初回の,客寄せパンダ的なことくらいしかできないのかもしれない.しかたがない.
  本を読む余裕がちょっと出てきた.

  【本日のマメ知識】
   フリーランスという言葉・・・
   フリーランスという言葉と発想は中世のイタリアやフランスの傭兵部隊にさかのぼる。
   傭兵たちは、報酬が納得できて、戦いに意義を認めることができれば、どの君主の旗の下でも
   戦った。このシステムがイングランドに伝わると、傭兵は「フリー・ランス(自由な楯)」と
   呼ばれるようになった。忠誠心や主従関係から自由な騎士という意味である。

   (『フリーエージェント社会の到来 「雇われない生き方」は何を変えるか』より抜粋)
by artigana-g | 2010-04-30 23:52 | 職人 | Comments(6)
Commented at 2010-05-01 07:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by artigana-g at 2010-05-01 10:22
鍵コメントさん
コメントありがとうございます.
お怪我,大丈夫でしょうか.お大事になさってください.
1/6doll interior factoryは8月のイベントにも参加予定だそうです.
その時にまたいらしてくださいね☆お待ちしております.
Commented by elielie at 2010-05-01 10:52
仕事が来る人はフリーランス。
仕事が来ない人は失業者。
フリーは、腕次第ですね。
Commented by artigana-g at 2010-05-02 13:47
elielieさん
お仕事が来なくても,営業していれば失業者ではないのでは?と思いますが..
2002年にアメリカで出版された本ですが,その当時でもアメリカ人の4人に一人はこのような仕事の仕方なのだそうです.驚きです.
日本では難しい面もありそうです.しかしそれを自分がやっています^^;勇気がある,とよく言われます.
Commented by yokonariko at 2010-05-02 16:32
わわ、この本、私すぐにでも読みたいですっ!アマゾンに超速でオーダーしますっ。フリーランスにそんな意味があるとは全く知りませんでした。
私がフリーランスとして働きだした10年以上前、、、がんばれという声とともに、一部の方にはかなり否定的にも言われました。最近はこういったフリーランスとしての働き方について、いろんな業種の方からインタービューされる機会も増えていたので、日本でも広がりつつあるのかな?と漫然と感じていました。本の到着が楽しみです!

Commented by artigana-g at 2010-05-03 20:39
yokonarikoさん
日本とアメリカはお国柄が違うと思うのですが,アメリカの動きは日本にやってくる気がするので,このような働き方が増えていくと私も感じます.参考になることがあるのではと思い,買いました.yokoさんなりの感想おしえていただきたいです☆
名前
URL
削除用パスワード
<< 本日,ドールショウ プロジェクトDの,続き >>