<< 花婿の裏方 グラフィックソフト >>
自分のための物
時間がちょっと空いたので,自分のための小物を作り始めてしまいました.
「紺屋の白袴」というか,なかなか自分の物を作る時間というのがありません.
1年に1回か2回.
始めてしまうと止まらなくなるので,,,,困ってしまいますが.
ま,いいですよ,たまには.

自分のための物,はかなり入れ込んで作ってしまいます.
自分で作ったものを人前で使うという事は(皆さん見ていますから)
デザイナーとしてアピールするチャンスなのです.
お客様のために作る場合は,上限なくいろいろな事はできないわけで
妥協しなくてはいけませんが,自分の場合は妥協する必要が全くない.
それに「色」が使える!のです.
これは結構重要な事で,いつも白っぽいものばかりを扱っていると
どうしても「色」というものに飢えてしまうのです.
それで予想以上にハマってしまう.

気合を入れて作ったものはかなり長い間使ったりします.
全く飽きずに使います.刺繍がぼろぼろになるまで.

刺繍糸だらけの裁断台.
かなり悩んだりして色を選んでいるところですが,
「たくさんの色がある光景」が好きだったりします.
by artigana-g | 2004-12-03 17:03 | 職人 | Comments(4)
Commented by yoshida125 at 2004-12-04 01:12
そっか。白が基調になるんですね。
白は好きなのだけど、そればかりだと考えてしまうかもしれないです。
そういえばどんな色が好きなのですか?
俺は赤が基調です。あとは青と白。かな。
Commented by sakuragawa_rei at 2004-12-04 01:17
言われるまで、気に留めませんでしたが
確かに、白が多いですもんね。
ただ自分の場合、従兄弟や友人を合わせて、
3人連続、ピンクのウエディングドレスでした。
そして3回とも、会場内で
「ピンクのドレスっていうのも、いいねぇ」と
皆が言っていた覚えがあります。
おそらく、お世辞というわけではなく^^;
「白じゃなくっても、いいもんなのね」
という意味で。
Commented by artigana-g at 2004-12-04 10:39
yoshida125さん
そうなんです.8割以上はウエディングドレスですし,小物も.

どんな色も分け隔てなく受け入れられますが,
自分が何か一色選ばなければならないときは,イエロー系~オレンジ系~赤,を選んでいますね.
ビジネス小物はなぜかどれも赤になっています...

色って,たくさん触れていないと,
なんだか選択肢が狭~くなっていってしまうんですよね.
デザイナーとしては気をつけないといけないと思います.
Commented by artigana-g at 2004-12-04 10:44
sakuragawa_reiさん
ピンクのウエディングドレス,ステキですね!
でも,めずらしいと思います.
お知り合いには個性的な方ばかりだったのかもしれませんネ.
今はどちらかというと,白いウエディングドレスを1日一杯着通すというのが主流かと思います.
オーダーの場合はそんなにお安くないですし,その日限りなので.
白じゃない場合は,シャンパンカラーという,ベージュ寄りの色も人気です.
名前
URL
削除用パスワード
<< 花婿の裏方 グラフィックソフト >>