<< レース糸をさがして ああたのしい >>
世間の話
b0055196_23524456.jpg


商品の材料が届く.レースの1種類はレース屋さんから直接届いた.そのレース屋さんは
会社の頃お世話になったTさんの会社で,Tさんからの「お久しぶりです」というお手紙が
入っていたので懐かしくなりお電話をした.アパレルの苦しい状況のお話,,私がいた
あの会社に残っている人たちはお元気なのだろうか.人の心配をしてしまう.
最近私がお洋服をプロパーで買ったという話に「えらいね」と人から言われたのだが,以前
アパレルに勤めていたのだから作っている人の気持ちを考えたら,定価で買ってあげたい
と思う.みんながみんなセールで買ってばかりいたら作っている人たちは辛いです.でも
どうしようもない現実.楽しく服を作って,売上の目標を達成してバンザイ,と言っていた
あの頃はすでにまぶしい思い出? 過去は過去.楽しくやりたいですね.何か工夫して.
by artigana-g | 2009-12-08 00:10 | 職人 | Comments(2)
Commented by eriseki at 2009-12-08 13:00 x
私も同じような話が・・・
お洋服をデパートで定価で買うことを会社の後輩に驚かれました。
「今はセールとか駅ビルとかのお店でしか買いません!」って
断言されたのですが、30歳の子達がそんなこといってたら
アパレル業界は大変でしょうね・・・。
でも昔に比べてデパートでよほど高いメーカーのものでなければ
品質も落ちている気がします。値段も下がっているので仕方がない?
でもお洋服を買ってどんどん失敗して、自分にあうものを見つけていく
楽しみは今の若い人たちにはないんでしょうか。
その人たちがある程度の年齢になったら、どういう洋服を着るのか
気にはなります。
Commented by artigana-g at 2009-12-08 16:41
erisekiさん
私ももうお洋服を作っている人達のことに詳しくはないのですが,
たまに「どこもいいわけがない」みたいなお話を小耳に挟みます.
今はどれだけ安いお買い物をしたか自慢?が流行っている気がしますね^^
ある程度の年齢,,そうですね,,どんなふうになるのでしょうか.
あまり変わらないのかな?という気もしますが.
名前
URL
削除用パスワード
<< レース糸をさがして ああたのしい >>