<< 本日の現場.あと少し 粘り強くなりました.でも >>
帽子


TV番組欄に「帽子」という文字を見つけて 『美の壺』 を見ました.後半だけ.
帽子の工房に惹きつけられるのでした.道具の多さ,帽子の美しさ.
昨年
私の商品が「いらない」「いらない」の連発で受け入れてもらえなかった時に,
自分には何かが足りないのかもしれないと思い至り,帽子を習うことを
考えていました.花嫁のために帽子というアイテムを増やしたいというより
帽子を習うことで違う景色が見えるのではないかと思ったのでした.
思い起こせば会社を辞めようとしていた時も帽子の学校の入学案内などを
送ってもらっていたのでした.
ひっかかっているものがあるのでした.
帽子をやろうとすれば,もうそれ一本でやったほうがいいと思うほど
専門的な技術のお仕事だと思うので,私はそこまでではないのですが.
帽子の工房には「重さ」を感じるので,その「重さ」を少しだけ分けていただきたい
という気持ちなのだろうかそうだろうか.
by artigana-g | 2009-04-18 10:01 | 職人 | Comments(4)
Commented by suga_bear at 2009-04-18 20:20
私も帽子には何か惹かれる物があります。帽子の基礎をわかっていればヘッドピースを作るときのためにいいかも。。。とか思うのですが。でも、実際帽子屋さんとしてやっていく事は今の時代難しいかもしれないですねー。カジュアルな帽子ならともかく。私は昔みたいなベールとか羽とか花とか付いていて、小さくておしゃれで可愛い帽子が作ってみたいです。
Commented by chiechi728 at 2009-04-18 23:24
私も帽子を専門的に習いたくて中野の某店によく行っていたのですが、昔ながらの木型を使う帽子は今の時代難しいかなとsugaさんと同じ事を思ってカジュアルな帽子ばかり作っていました。でも惹かれる帽子は羽とか小さなヴェールがついているクラシカルな帽子なのです。
私もその番組見たかったのですが、気がついた時は終わっていてとても残念でした。
Commented by artigana-g at 2009-04-19 00:23
suga_bearさん
そうでしたか.そう,ちいさくておしゃれでかわいい帽子.そういうのを作ってみたいですね!私自身はあまり帽子をかぶらない人なので,少し敷居が高い気もしているのですが,技術を習うというのは魅力的です.
ブライダルでも「ハット」の需要はなくはないようです.
sugaさんも技術を身につければ素敵なのがじゃんじゃんできそうですね☆
Commented by artigana-g at 2009-04-19 00:26
chiechi728さん
みなさん同じですネ~.私もあの,木型で作るのをやってみたいです.
あとストローをぐるぐる縫ってつくる帽子とか.
そうそう,フェイスネットは今も人気があります.オシャレな感じが出せますよね.

この番組は再放送があるのではないでしょうか?再放送があったら
是非見てみてください.
名前
URL
削除用パスワード
<< 本日の現場.あと少し 粘り強くなりました.でも >>