<< お散歩ルートを増やしたい 私,結婚するの >>
いつまでもおしゃれな人でいたい
b0055196_23475441.jpg
髪飾り・制作中


このマンションのお隣に住んでいる大奥様と道端でお会いした.近くの,お相撲さんも通う
というマッサージの先生のところにおでかけのようだった.大奥様はリウマチなのだった.
もう80歳を超えていらっしゃるはずだが,とてもオシャレな方なのだった.
今日はルネッサンスの男性がかぶっていたようなベレーの原型みたいなお帽子.それも
パープルのベルベットの.この間お会いした時は
ピンク色のストールとピンク色のコートのコーディネイトだった.
2,3分歩けば着いてしまう場所へおでかけなのにいつも気合が入っていて素晴らしい.
大奥様は,杉野かドレメの“裁断科”というところをご卒業になっていて,☆舶来☆のレースが
お好きで,以前御宅にお邪魔した時
「わたしはほら,手がね,もう痛くてできないから,あなたに作ってもらいたいな~と
思って」と立派なレースを見せられたことがあり,とてもとても私には作れないなとお茶を濁して
帰ってきてしまったが..お年寄りのお手伝いをしてあげたいとも思う.おしゃべりくらいなら
できるのですが,また伺うとレースが出てきそうでこわいのです.
by artigana-g | 2009-02-14 00:11 | 職人 | Comments(8)
Commented by yohco at 2009-02-14 03:46 x
オシャレなな80歳、に、私もなりたいです。お久しぶりです。
そういえば、私の祖母も「舶来」のレースを大事にとってありました。
目が見えなくなって、作れないから、と言いながら、
眺めているのが好きな様で、とても貰えませんでした~。
「裁断科」というのは、裁断を習うのでしょうかねぇ??

写真の髪飾りも素敵ですね!!
最近「アーティスティックワイヤー」をいじっていますが、
手に傷が出来るだけで終わります。。。(時々顔も 笑)
土台は何製なのでしょう?
artigana-gさんのお写真は、どの位見ていても飽きません。
Commented by artigana-g at 2009-02-14 09:50
yohcoさん
お久しぶりです☆
女の人はみんなレースが好きですよねぇ.特に何かにならなくても
見ているだけで幸せみたいなのがありますね.
裁断科というのは結構高度な裁断を習うところのようでした.
昔のお洋服は今と作り方が違うのでしょうね.
柄合わせとかを緻密にやるのではないでしょうか.

ワイヤー,怪我しないようにお気をつけください.私もたまに顔,やります^^;
土台はアーティスティックワイヤーというものだと思います.20番の太さです.
Commented by yohco at 2009-02-14 18:55 x
ありがとうございます!
なるほど、20番とは・・・。趣味の範囲からは大きく外れた太さですね。
ワイヤーを見るだけで手が痛くなります(/_;)
魔法の手、にもお顔にも、お怪我なさらないでくださいね!
Commented by erialie at 2009-02-14 19:57
病気には抗えないことも多いですが、歳をとればとるほど、生きる姿勢みたいなことが外見に際立ってくる気がします。
ボクもとりあえずベレー帽をかぶってみるかな^^;
Commented by artigana-g at 2009-02-15 09:28
yohcoさん
この20番は意外と柔らかいので形を作りやすいのですが
変形しても困るし,難しいところです.
傷とかヤケド,どこかに常にありますね~^^ありがとうございます.
Commented by artigana-g at 2009-02-15 09:32
erialieさん
生きる姿勢☆ですね!
お洋服はコミュニケーションのお手伝いもすると思います.
たまには意外性のあるものを身につけると話題の中心になるかもしれません^^
Commented by sarah000329 at 2009-02-16 10:57
私も自分では何も出来ませんが、ヨーロッパのアンティークのレース
なんかを見るともううっとりしてしまいます。
80歳を越えてピンクのコートステキですねぇ。
私も白髪が真っ白になったら、そんな格好をしてみたいです。
Commented by artigana-g at 2009-02-17 00:28
sarah000329さん
sarahさんなら歳をとるとともに似合うものが増えていきそうな気がします.
ステージ衣裳とか,他の人よりもいろいろなものを着られて
うらやましいなぁと思います.
名前
URL
削除用パスワード
<< お散歩ルートを増やしたい 私,結婚するの >>