<< ブーケ みんなの幸せ >>
本日の現場
b0055196_00663.jpg


なんやかやとやっております.今年の半ばくらいからか,ブライダル業界から一歩下がった
スタンスでモノを考えようと努力してきました.“ブライダル業界の城壁”みたいなものが
あるとすると,その城壁の上の幅の狭いところに座って足をぶらぶらさせている私,という
イメージがベスト.なのだが,,,今までやってきたことが邪魔をして,私を城壁の内側に
するっと落としてしまうらしいのです.塀の上によじ登りたい.ついさっきまでそんな気持ち.
モギ先生の著書にもあった「とにかく出力してみる」というのをやってみて,また考える.
年の瀬なのにあがいています.明日は周りが見えなくなりたい.

町内会の「火のよーじん」の夜回りの声が聞こえてくる夜・・
江戸の火事が,今日までこの習慣を作っているのでしょうか.なかなかいいんですよね.
その日のお当番によっては,役者みたいなかっこいい「火のよーじん」の人がいたり,
恥ずかしがって小さい声の人もいる.みなさんごくろうさまでございます.
by artigana-g | 2008-12-28 00:26 | 職人 | Comments(6)
Commented by kels at 2008-12-29 08:24
「火のよーじん」の夜回りって、本当にあるんですねー(笑)
なにしろ、札幌では聞いたことがないような、、、
すごく冬の情緒をそそられる光景です。

さて、一気に冬らしくなってしまった札幌ですが、帰省の際には体調など崩されませんように。
どこかでニアミスできるかもしれませんね☆
Commented by artigana-g at 2008-12-29 10:16
kelsさん
コメントありがとうございます☆
そうなんです.本当にあるんですね.
私が以前住んでいた仙川ではなかったので,最初は驚きました.
札幌でも聞いたことがありませんでした.
「火のよーじん」の次に拍子木の「カチカチ」が続くので情緒があります☆
関東はこの時期,カラカラですからねぇ.

札幌でのニアミス,期待しています^^
Commented by degasdegas at 2008-12-29 13:49
私の子供の頃、曳舟のおばあちゃんチへ泊まりにいくと、
「火のよぉーじん!」「カン!カン!」「マッチいっぽん、火事のもと!」という声。布団の中で、その声に少し怯えた記憶があります。
Commented by cappu at 2008-12-29 18:57 x
「とにかく出力してみる」~いい言葉ですね☆

そういえば先日、ドカ雪で大荒れの次の日、札幌ではホントに珍しい「火のよーじん」「カチカチ」と確かに聞きました。町内の夜回りだったようです。町内会長さんや班長さんが替わるとそういうのもありなんですね。

私もどこかでニアミス、期待しちゃいます~♪
Commented by artigana-g at 2008-12-30 21:03
degasdegasさん
そういわれれば,「マッチいっぽん,火事のもと!」まで叫んでいる人も
いましたね~.でも最近はみなさん言わなくなってしまったみたい.
火事が怖かったのでしょうか?正しい子供だったのですね☆
Commented by artigana-g at 2008-12-30 21:13
cappuさん
札幌で「火のよーじん」が聞けるのですか!
なんだか素晴らしい町内会ですね.雪の夜は寒いでしょうに.
そうか,何でも人がそうしようと言い出して,いろんなことが行われるのですよね.
そんな町内に住んでいるcappuさんは安心して暮らせますね☆

ニアミス,いろんな人と今までもよくありましたから,ありそうです.
それにcappuさんのおうちは私が知っている場所なので
最初から近そうなイメージですし..
名前
URL
削除用パスワード
<< ブーケ みんなの幸せ >>